社葬と合同葬ってなにが違うのでしょうか。

社葬・合同葬、この違いはどこにあるの?

企業のトップ、また重役や創始者などがお亡くなりなると、社葬や合同葬という形をとることが多いです。
社葬も合同葬も企業が関係する葬儀となりますが、この違いがよくわからないという人も少なくありません。

社葬というのは通常企業が主催し関係各社に知らせて大きく行うもので、この場合は費用を施主となる企業が負担します。
合同葬の場合、企業とご遺族がともに合同で行う葬儀で、費用負担については話し合いによって決定します。

社葬の場合、ご遺族の方が密葬、家族葬などを行い、その後準備を整えて1ヵ月から2ヵ月くらい先に奔走を行うという形をとるのが一般的となっています。

合同葬と社葬・お別れの会の違いを理解しよう

合同葬と社葬やお別れの会の違いを具体的に理解していきましょう。
まず合同葬の場合ですが、通夜、葬儀、告別式を行うことになり、費用は企業とご遺族がそれぞれ相談し負担します。
社葬の場合、費用は企業が通常負担することになります。

そのあと葬儀社へ連絡、関係各所への連絡、合同葬を行う場所などの交渉等を行うなど事前準備を行います。
その後、事前に葬儀社他と相談した内容に基づき、社内で葬儀の準備を行います。

社内取扱い規定整備、ガイドラインを作るなど社葬に関してコンセンサスをしっかり考慮して置くことが必要です。
もしも対象となる方の旅立ちが近いとわかっているようであれば、予算や内容などをあらかじめ決めておくことも必要でしょう。

この後から、合同葬と社葬の違いがでてきます。
葬儀の準備等をすすめてから、いよいよ葬儀となりますが、合同葬の場合、この後に合同葬となる通夜、葬儀、告別式を行います。

社葬の場合は故人のご遺族による密葬を執り行い、その後、1ヵ月から2ヵ月ほど経過してから社葬・お別れの会を執り行うという事になります。

以上すべてが終わったら各方面に挨拶へいき、費用の支払い等を行うことになります。
支払いについては企業が行うという事で、経費処理としたいところですが、葬儀という事なので、早めに支払う方がいいでしょう。

また各方面へのご挨拶も葬儀後、なるべく早いタイミングで行うことが求められます。
こうした社葬、合同葬をおこなったら、写真や名刺帳・記録帳など、また利用したタイムスケジュールなどをしっかり記録し、この葬儀で結成した実行員会などで事故報告会なども行うことになります。

企業がかかわる葬儀、企業が行う葬儀という事で、取引先、関係各所に失礼がないようにまた故人に恥をかかせないようにしっかりと準備を行って葬儀を行う必要があります。
故人のご家族などの気持ちもよく考えながら、葬儀の準備を滞りなく行う必要があり、組織を作って動くことが重要な葬儀です。