家族葬はどこまで呼べばいいでしょうか?

最近多くなっている家族葬という選択

著名な方の葬儀でも、ニュースですでに葬儀は家族像で執り行われたという事です・・・など聞くことが多くなっています。

毎日忙しいタレントさん、モデルさんや俳優さん、また企業トップの方々は、ご家族と過ごせる時間も少なく、自分が亡くなるときくらい、ご家族と一緒に最後を迎えさようならを済ませたいと思う方が多いのです。

家族葬はこうしなければならないなどの規則がないので、本当に一緒に暮らしてきた家族だけという葬儀もありますし、親族のみという葬儀、また生前本当に親しくして下さった親友、ご友人のみ来ていただき、ご家族と一緒に最後のお別れをするという形もあります。

そのため、家族葬はどこまで呼べばいいとか、どこまでを家族葬とするという決まりがないのです。

どこまで呼べばいいのか、多くのご家族が悩む

家族葬は肉親はもちろんですが、どこまで呼べばいいのか、実際に家族葬を行う選択をされたご遺族もかなり悩まれたようです。
本来であれば、最後のお別れ、お顔をこの先見ることができなくなるのですから、沢山の方に来てほしいと思いますが、様々な理由があって家族葬を選択されたわけです。

またそれが故人の御遺言という事ならなおさら、家族葬を行うべきなのですが、それもどこまで、誰を呼んでほしいという希望が伝えられていない、考えられていないという事なら、どこまで呼べばいいのか、かなり迷うと思います。

葬儀に参列してもらう方々の範囲を決めるために

おおよそ10名の参加という場合、故人の配偶者、ご家族、お子さんとその配偶者、お孫さんまでという数といえます。

20名となるとこれに故人の兄弟姉妹がはいってきます。
さらに30名となればこれに故人のいとこ、甥っ子姪っ子などが入ります。
30名以上となる場合、これに故人がしたしかった友人を加えるという事になります。

また20名という場合でも、一緒に暮らしてきたご家族とご友人と選択することもできますし、30名の場合もいっしょに暮らしてきた家族、親しい親族、プラス友人と考えることができます。

家族葬の例を見てみると

例えば親族を呼びたいという事でも遠方に高齢な方がいるという場合、呼ばないという事もあります。
この場合、高齢で移動することができない、危険といえるからです。

またお亡くなりになった方のお父さんの兄弟がすでに旅立たれているという場合、そのお嫁さんやお子さんたちを呼ぶという事を選択しないという事もあります。
病気されている方や、御高齢の方などを呼ばないという選択ができるのも、一般的葬儀とは違い、家族葬の特徴といえるのかもしれません。

家族葬にはこれという決まりがありません。
執り行うご家族が規則を作るようなものなので、こうしようと思う選択を家族葬で行えばいいと思います。