数珠の持ち方って決まっているのでしょうか。

念珠とも言われる数珠について

法要、葬儀などで利用される数珠は、念珠ともよばれ仏様、菩薩様、またご先祖様を拝むときなどに利用されるものです。
数を念ずる、数を記す、念仏を唱え手を合わせるなど、数珠は宗派によっても意味が違います。

日本は一般的な葬儀が仏式の葬儀となりますので、通常、葬儀の際には数珠を利用することになり、大人になればほとんどの方が持っているでしょう。

数珠はどこからきたものなのか

数珠の期限は、インドにあるといわれています。
古代インド、ヒンズー教のバラモンが儀式に利用していたもので、これがやがて密教の僧侶が利用するようになり広がりました。

日本は貴族仏教徒が利用するようになり、その後鎌倉時代に入り、一般の方々も仏教徒の方々が利用するようになったものです。
数珠は葬儀や法要の際に利用するだけではなく、持っていることで守護されるとも言われ、お守りという意味も持っていますし、福を授かるとも言われています。

数珠の形式と持ち方について

数珠は宗派によって違いがありますが、通常、108個の珠が二重になったもので、これに、房、飾り玉が付いています。
108個の珠は、煩悩の数を表していて、宗派によって異なるのですが、54個、36個、27個など玉の数が少なくなった一重の略式の数珠が利用されていることが多いです。

また男性用と女性用の違いもあり、男性の物は珠そのものが大きく、女性用は珠が小さく作られているという違いがあります。

数珠の持ち方ですが、座っている時には左手首、歩くときには房を下にして左手で持つという規則があります。

数珠を持つ手が左というのは意味があり、左手は仏様の清浄な世界をあらわし、右手は信仰の世界、今私たちが生きる現世になります。
そのため、不浄の手で持つことなく左手で持つことが正式とされているのです。

御焼香の際の数珠は?

御焼香の際には、これも宗派によって違いがありますが、房を真下にたらし、親指とほかの指にかけ、親指で軽く抑えるようにして両手を伸ばし、合掌の形にします。

お席を離れるという場合、椅子におく、また畳の上に置くことがマナー違反となるので、必ずバッグにしまう、ポケットに入れるなどします。

お子さんはこうしたモノをすぐに遊ぼうとしてしまいますが、遊ぶものでは無いことを親御さんからしっかり小さいうちに教育しておくべきです。

ちなみに・・数珠がきれることは悪い事の前触れとか縁起が悪いといいますが、ここはそう考えず、仏様が悪い縁を切ってくれたと考えるべきといわれています。

長い間利用していれば数珠を繋ぐ糸が切れることも珍しくありません。
数珠がきれるということは、その分、しっかりと念仏、祈りに励んだという証拠になります。

数珠がきれるとえん偽が悪いのではなく、一生懸命に祈った証拠として考えます。
またこの切れてしまった数珠は供養を行ってもらったり、まだこの先利用するようなら、仏具店にいって直してもらうといいでしょう。