数珠に意味ってありますか?

葬儀、法要で利用する数珠、どういう意味があるのか?

葬儀や法要などがあると必ず利用するのが数珠です。
特に葬儀に参列する場合には、多くの方が数珠を手にされていますが、これは持っていなくても失礼に当たりません。

数珠というのはもともと、この珠を使って念仏を唱えるために利用するもので、回数を数えるために利用されていました。
数珠の珠の数は人の煩悩の数、108個となっていてこれが基本となっています。

現代ではこの108個の数の半分、54個や1/4の27個の数珠などもあります。
より簡素化されているものですが、半分、1/4という数なので、108回を数える際に楽でしょう。

また数珠は現代、様々な材質のものが販売されていて、プラスチックに水晶、白檀、黒檀、翡翠、めのうなどが多種あります。
数珠は高い方がいいという方もいますが、祈りをささげるときに利用するもので、人の心持ちよう、使いようです。

どんな金額の物でもしっかりと祈りに利用すればよく、安くても高くても数珠は数珠です。
人の煩悩の数と同じ数がある数珠を、いつも持ち歩いているという人もいますがお守り様な使い方をされテイル方も少なくありません。

一生利用すると考えると耐久性のあるものの方がいいと思いますが、色などから選ぶという方もいますので、自分が気に入ったものを購入すればいいですし、わからないようなら店員さんに確認してみるといいでしょう。

数珠はどんなふうに利用する?

数珠は葬儀、法要などの際に手にかけて利用します。
数珠そのものよりもこのかけ方が宗派によって違うので、自分の家の菩提寺がどのような宗派になるのか、今わからないという人は、調べておく方がいいでしょう。

例えば真言宗の場合は、両手の中指に数珠をかけて親玉を上に二重にして房を握るように手に持ち、そのまま合掌するようにして房を自然にたらします。
真言宗は念珠を大切にするといわれ、在家の場合、主玉108個、親玉2個、四天玉4個、梵天房というものです。

浄土真宗の場合、本願寺派と大谷派があり、本願寺派は念珠を二重にして合掌した手にかけて、房を下にたらす、大谷派は二重にした念珠の親指と人差し指の間にはさみ、房を左手側にたらします。

浄土真宗の数珠は数取できないように房が蓮如結びとなっており、煩悩具足(煩悩があってもそのままで救われる)という教義が念珠にも表れています。

このように数珠というのは、宗派によってかなり違いますし、意味も違ってきます。
菩提寺がある方は一度、こうした数珠についてどのようなものを持つべきなのか、また意味はどうなのか、調べてみるといいと思います。

数珠を持つことの意味、数珠そのものの意味が分かると、葬儀等の際にも必要なものとわかるでしょう。