仏滅ってダメ?

お葬式をする際の日取りについて教えてください。
例えば冠婚葬祭で良いと言われているのは大安になりますが、このようにお葬式をする際にも意識しなければならないことがあるのでしょうか?
仏という文字が入っており、結婚式などでは避けられる仏滅ですがお葬式をする際にも避けた方が良いのでしょうか?

結婚式などお祝い事に関しては、こういった部分を耳にすることも多いのですが、お葬式ともなるとあまり話題に挙がる事がないのでわかりません。
今すぐ葬儀をするわけではありませんが、自分が施主の立場になった時、知らなければ恥をかいてしまうような事は避けたいと思っています。

故人のためにもしっかりとこのような常識を踏まえた上でその場を乗り越えていきたいと思うので、葬儀について色々な知識を学んでいるところです。
やはり日取りを考える際には仏滅を避け、その他の日にした方が良いですか?

六曜を参考にして友引は難しい

暦上では六曜があるので祝い事などの場合にはこれを参考にしながら大安などにとり行うというのが一般的です。
葬儀の場合は特にこの六曜を意識する必要はありませんが、友引に関しては告別式当日をぶつけていくのは難しいケースもあります。

なぜならば、友引に関して火葬場が休みになっていることが多いからです。
友引というのは、友を引くといった意味合いを持っていますので、火葬場では業務を行わず休業している地域が少なくありません。
まずはご自身が葬儀を行う地域の火葬場で確認をしてみた方が良いでしょう。

ここさえクリアすることができれば、通夜や告別式をどのタイミングで行っても問題ありません。
ご遺体を安置しておく日数なども季節また業者によって変わってくるため、基本的にはご遺族の都合はもちろんですが業者側の都合も考慮していくことになるでしょう。
たとえ仏滅であっても非常識などと思われることはなく、葬儀に関して六曜を気にする人は少ないと言えます。

仏滅でも大安でも特に問題は無い

大安というのはおめでたいイメージにつながっていますので、葬儀を行なってしまうのは罰当たりだなどという意見もありますが、前述の通り実際には六曜を気にして葬儀を行う必要はありません。
仏滅であっても大安であっても良いことになっています。
あくまでもご遺族と業者の都合を意識した上で日程を考えていくと良いでしょう。

その他には地域ごとに様々な風習があるので、こういった部分で不安を感じるようであれば葬儀屋さんと話をする際に詳しく聞いてみると良いです。
葬儀屋さんであれば、それぞれの地域の特色などを把握していますので選ばれることの多い日取りなどについてもしっかりアドバイスをしてくれるでしょう。

弔問客に関しては通夜に来てくれることが多いので平日であってもお仕事が終わってからという形になります。
ですからそこまでを気にして通夜葬儀の日程を決めることもありません。
あとはご親族の都合をしっかりと確認しながら最もベストな日取りを選んで行きましょう。