ご焼香の回数は決まっていますか?

御焼香とはどういう意味があるのか

人がお亡くなりになると通夜、葬儀が執り行われます。
ご遺族は、大切な人がお亡くなりになったという現実を捉えないままに、通夜となるのですが、それも心を落ち着かせるために必要なことなのかもしれません。

通夜、葬儀では仏式の場合、必ずご焼香を行います。
このご焼香はどういう意味があって行う事なのか、御焼香の意味を知らずに行っている方も多いです。

御焼香を行うのは、お亡くなりになった方に芳香を捧げることで、深く敬い慎み心を捧げるという意味をもっています。
香りで邪気を払うという事は古くから行われていることで、これは御線香を手向けるという事と同じです。

儀式によっては抹香を用いる事が多いという事で、御焼香という言葉を抹香をあげる、という意味になっており、御線香を利用するは御線香をあげるといい分けている方もいます。

抹香というのは香木を砕いた細かい木片のことで、抹香を利用する事もありますし、御線香を利用する事もあります。

御焼香に関する言い伝え

御釈迦様の弟子で兄弟の高僧が故郷に御堂を建て、御釈迦様を迎えようと敬慕する気持ちを持ってお香をたいた、するとその煙が御釈迦様の下へ天蓋(きぬがさ)となって届きました。

二人の兄弟の心を悟ったお釈迦様はお堂に出むいて説教した、この事からこの兄弟のように心を込めて香をたきながら念じれば御釈迦様が姿を現してくれる、説法してくれるという信仰が生まれたといわれています。

この言い伝えでは御釈迦様への祈りという事になっていますが、葬儀の場合は、お亡くなりになった方への感謝の気持ちと、さようならという気持ち、またこの先もずっと忘れないという気持ちを込めて香をたきます。

ご遺族にとっては、香をたき御焼香を行うことで、少しずつ大切な人が故人となったことを受け入れ、現世から無事に向こうの世界に行けるようにという思いを強くするのです。

御焼香の仕方を覚えよう

宗派によって違いがあるのですが、御焼香は故人のご冥福をお祈りする気持ちが最も大切です。
御焼香の仕方としては、座って行う座礼、座って香炉を手元において御焼香をしたら隣の人に回すという回し焼香、立って行う立礼があります。

宗派による違いがありますが、基本的な御焼香の仕方としては右手の人差し指、親指、中指の3本を利用し抹香を少量つまんで手を返して額の高さに持っていきます。
この額の高さに持っていくのを、「押し戴く」と表現します。

次に左の炭がはいっている方の航路に少し移動させ、指をこすりながらバラバラと抹香を落とします。
この際、お数珠は左手にかけて行います。

御焼香の回数も宗派によって違いがあります。
1回、3回等意味を持っている場合もあります。
額に押し戴く際にも作法が宗派によって違うという事がありますので、お亡くなりになられた方がどの宗派なのかを確認し、行う方がいいでしょう。