袱紗の色って決まっていますか?

葬儀・法事で利用する袱紗について

葬儀や法事で香典をお渡しするときに利用する袱紗、これは何気なく利用しているという人もいると思いますが、色の違いがありますし、実は包む金額によって最適される袱紗の種類などもあるのです。

弔事に使用できる色というのも決まっているので、それを知らずに慶事用の袱紗を利用してしまえば、相手は非常に嫌な思いをしますし、マナー知らずのレッテルを張られてしまいます。

社会人になってある程度の年齢になると葬儀に参列する事も多くなっていきます。
また人の死というのはいつ訪れるのかわからないので、若い世代であっても葬儀に参列する基本的なマナーや袱紗、金額などについてしっかりと理解しておく必要があります。

袱紗の色、金額による色の違い

葬儀、法要などの弔事で使用する袱紗の色、結婚式などで利用する慶事の袱紗の色は違います。

葬儀や法要で利用する袱紗の色は、寒色系で、紺色、深緑、灰緑、緑、うぐいす、灰青、グレー、紫です。
包む金封によっても最適とされる種類があるので、金額によって種類を替えるという事も理解しておくといいでしょう。

ただこの金額によって種類を替えるというのは、必ず・・・という事ではなく、袱紗の種類で金額を示すことができるという事なので、絶対に替えなければならないという事ではありません。

袱紗の種類は金封袱紗、爪付袱紗、台付袱紗があります。
金封袱紗は金封を入れやすいように袋状になっているもので、最近はこの金封袱紗を利用される方が多いと思います。
この袱紗に入れる実際の金額は1万から3万です。

爪付袱紗は最もシンプルな四角い布状になっているもので、この袱紗に入れる金額は3万円以上とされています。
台付袱紗は、簡易の切手盆が付いているもので、これも3万円以上の香典を持っていくときに利用する袱紗です。

金封袱紗は略式と呼ばれ、最近は良く利用されていますし、若い世代は包むときに折る順番を気にすることもないのでこれを選択する方が楽かもしれません。

また慶事、弔事いずれにも利用できる袱紗の色として、紫があります。
袱紗を慶事、弔事に分けて利用しないという事なら、紫の袱紗を購入しておくと間違いありません。

袱紗の包み方も覚えておこう

金封袱紗の場合、金封を入れる袋となっているタイプなので、向きだけ間違う事がなければ、マナーよく利用できます。
開く方が左に来る、つまり袋、金封を入れる方が右に来ます。

右側の袋部分にお金を入れて、口を閉じます。
逆に袋部分が左に来るようにいれるのは「慶事」となってしまうので、向きだけ、しっかり間違わないようにします。

爪付、台付の場合にも基本的に左開きです。
袱紗をひし形に置き、その右の角よりに香典を置きます。
香典に右の角部分の布を折って、次に、上下の角を香典の方に折り、最後に左を折りこみます。