ご焼香の回数は決まっていますか?

御焼香とはどういう意味があるのか

人がお亡くなりになると通夜、葬儀が執り行われます。
ご遺族は、大切な人がお亡くなりになったという現実を捉えないままに、通夜となるのですが、それも心を落ち着かせるために必要なことなのかもしれません。

通夜、葬儀では仏式の場合、必ずご焼香を行います。
このご焼香はどういう意味があって行う事なのか、御焼香の意味を知らずに行っている方も多いです。

御焼香を行うのは、お亡くなりになった方に芳香を捧げることで、深く敬い慎み心を捧げるという意味をもっています。
香りで邪気を払うという事は古くから行われていることで、これは御線香を手向けるという事と同じです。

儀式によっては抹香を用いる事が多いという事で、御焼香という言葉を抹香をあげる、という意味になっており、御線香を利用するは御線香をあげるといい分けている方もいます。

抹香というのは香木を砕いた細かい木片のことで、抹香を利用する事もありますし、御線香を利用する事もあります。

御焼香に関する言い伝え

御釈迦様の弟子で兄弟の高僧が故郷に御堂を建て、御釈迦様を迎えようと敬慕する気持ちを持ってお香をたいた、するとその煙が御釈迦様の下へ天蓋(きぬがさ)となって届きました。

二人の兄弟の心を悟ったお釈迦様はお堂に出むいて説教した、この事からこの兄弟のように心を込めて香をたきながら念じれば御釈迦様が姿を現してくれる、説法してくれるという信仰が生まれたといわれています。

この言い伝えでは御釈迦様への祈りという事になっていますが、葬儀の場合は、お亡くなりになった方への感謝の気持ちと、さようならという気持ち、またこの先もずっと忘れないという気持ちを込めて香をたきます。

ご遺族にとっては、香をたき御焼香を行うことで、少しずつ大切な人が故人となったことを受け入れ、現世から無事に向こうの世界に行けるようにという思いを強くするのです。

御焼香の仕方を覚えよう

宗派によって違いがあるのですが、御焼香は故人のご冥福をお祈りする気持ちが最も大切です。
御焼香の仕方としては、座って行う座礼、座って香炉を手元において御焼香をしたら隣の人に回すという回し焼香、立って行う立礼があります。

宗派による違いがありますが、基本的な御焼香の仕方としては右手の人差し指、親指、中指の3本を利用し抹香を少量つまんで手を返して額の高さに持っていきます。
この額の高さに持っていくのを、「押し戴く」と表現します。

次に左の炭がはいっている方の航路に少し移動させ、指をこすりながらバラバラと抹香を落とします。
この際、お数珠は左手にかけて行います。

御焼香の回数も宗派によって違いがあります。
1回、3回等意味を持っている場合もあります。
額に押し戴く際にも作法が宗派によって違うという事がありますので、お亡くなりになられた方がどの宗派なのかを確認し、行う方がいいでしょう。

袱紗の色って決まっていますか?

葬儀・法事で利用する袱紗について

葬儀や法事で香典をお渡しするときに利用する袱紗、これは何気なく利用しているという人もいると思いますが、色の違いがありますし、実は包む金額によって最適される袱紗の種類などもあるのです。

弔事に使用できる色というのも決まっているので、それを知らずに慶事用の袱紗を利用してしまえば、相手は非常に嫌な思いをしますし、マナー知らずのレッテルを張られてしまいます。

社会人になってある程度の年齢になると葬儀に参列する事も多くなっていきます。
また人の死というのはいつ訪れるのかわからないので、若い世代であっても葬儀に参列する基本的なマナーや袱紗、金額などについてしっかりと理解しておく必要があります。

袱紗の色、金額による色の違い

葬儀、法要などの弔事で使用する袱紗の色、結婚式などで利用する慶事の袱紗の色は違います。

葬儀や法要で利用する袱紗の色は、寒色系で、紺色、深緑、灰緑、緑、うぐいす、灰青、グレー、紫です。
包む金封によっても最適とされる種類があるので、金額によって種類を替えるという事も理解しておくといいでしょう。

ただこの金額によって種類を替えるというのは、必ず・・・という事ではなく、袱紗の種類で金額を示すことができるという事なので、絶対に替えなければならないという事ではありません。

袱紗の種類は金封袱紗、爪付袱紗、台付袱紗があります。
金封袱紗は金封を入れやすいように袋状になっているもので、最近はこの金封袱紗を利用される方が多いと思います。
この袱紗に入れる実際の金額は1万から3万です。

爪付袱紗は最もシンプルな四角い布状になっているもので、この袱紗に入れる金額は3万円以上とされています。
台付袱紗は、簡易の切手盆が付いているもので、これも3万円以上の香典を持っていくときに利用する袱紗です。

金封袱紗は略式と呼ばれ、最近は良く利用されていますし、若い世代は包むときに折る順番を気にすることもないのでこれを選択する方が楽かもしれません。

また慶事、弔事いずれにも利用できる袱紗の色として、紫があります。
袱紗を慶事、弔事に分けて利用しないという事なら、紫の袱紗を購入しておくと間違いありません。

袱紗の包み方も覚えておこう

金封袱紗の場合、金封を入れる袋となっているタイプなので、向きだけ間違う事がなければ、マナーよく利用できます。
開く方が左に来る、つまり袋、金封を入れる方が右に来ます。

右側の袋部分にお金を入れて、口を閉じます。
逆に袋部分が左に来るようにいれるのは「慶事」となってしまうので、向きだけ、しっかり間違わないようにします。

爪付、台付の場合にも基本的に左開きです。
袱紗をひし形に置き、その右の角よりに香典を置きます。
香典に右の角部分の布を折って、次に、上下の角を香典の方に折り、最後に左を折りこみます。

数珠の持ち方って決まっているのでしょうか。

念珠とも言われる数珠について

法要、葬儀などで利用される数珠は、念珠ともよばれ仏様、菩薩様、またご先祖様を拝むときなどに利用されるものです。
数を念ずる、数を記す、念仏を唱え手を合わせるなど、数珠は宗派によっても意味が違います。

日本は一般的な葬儀が仏式の葬儀となりますので、通常、葬儀の際には数珠を利用することになり、大人になればほとんどの方が持っているでしょう。

数珠はどこからきたものなのか

数珠の期限は、インドにあるといわれています。
古代インド、ヒンズー教のバラモンが儀式に利用していたもので、これがやがて密教の僧侶が利用するようになり広がりました。

日本は貴族仏教徒が利用するようになり、その後鎌倉時代に入り、一般の方々も仏教徒の方々が利用するようになったものです。
数珠は葬儀や法要の際に利用するだけではなく、持っていることで守護されるとも言われ、お守りという意味も持っていますし、福を授かるとも言われています。

数珠の形式と持ち方について

数珠は宗派によって違いがありますが、通常、108個の珠が二重になったもので、これに、房、飾り玉が付いています。
108個の珠は、煩悩の数を表していて、宗派によって異なるのですが、54個、36個、27個など玉の数が少なくなった一重の略式の数珠が利用されていることが多いです。

また男性用と女性用の違いもあり、男性の物は珠そのものが大きく、女性用は珠が小さく作られているという違いがあります。

数珠の持ち方ですが、座っている時には左手首、歩くときには房を下にして左手で持つという規則があります。

数珠を持つ手が左というのは意味があり、左手は仏様の清浄な世界をあらわし、右手は信仰の世界、今私たちが生きる現世になります。
そのため、不浄の手で持つことなく左手で持つことが正式とされているのです。

御焼香の際の数珠は?

御焼香の際には、これも宗派によって違いがありますが、房を真下にたらし、親指とほかの指にかけ、親指で軽く抑えるようにして両手を伸ばし、合掌の形にします。

お席を離れるという場合、椅子におく、また畳の上に置くことがマナー違反となるので、必ずバッグにしまう、ポケットに入れるなどします。

お子さんはこうしたモノをすぐに遊ぼうとしてしまいますが、遊ぶものでは無いことを親御さんからしっかり小さいうちに教育しておくべきです。

ちなみに・・数珠がきれることは悪い事の前触れとか縁起が悪いといいますが、ここはそう考えず、仏様が悪い縁を切ってくれたと考えるべきといわれています。

長い間利用していれば数珠を繋ぐ糸が切れることも珍しくありません。
数珠がきれるということは、その分、しっかりと念仏、祈りに励んだという証拠になります。

数珠がきれるとえん偽が悪いのではなく、一生懸命に祈った証拠として考えます。
またこの切れてしまった数珠は供養を行ってもらったり、まだこの先利用するようなら、仏具店にいって直してもらうといいでしょう。

数珠に意味ってありますか?

葬儀、法要で利用する数珠、どういう意味があるのか?

葬儀や法要などがあると必ず利用するのが数珠です。
特に葬儀に参列する場合には、多くの方が数珠を手にされていますが、これは持っていなくても失礼に当たりません。

数珠というのはもともと、この珠を使って念仏を唱えるために利用するもので、回数を数えるために利用されていました。
数珠の珠の数は人の煩悩の数、108個となっていてこれが基本となっています。

現代ではこの108個の数の半分、54個や1/4の27個の数珠などもあります。
より簡素化されているものですが、半分、1/4という数なので、108回を数える際に楽でしょう。

また数珠は現代、様々な材質のものが販売されていて、プラスチックに水晶、白檀、黒檀、翡翠、めのうなどが多種あります。
数珠は高い方がいいという方もいますが、祈りをささげるときに利用するもので、人の心持ちよう、使いようです。

どんな金額の物でもしっかりと祈りに利用すればよく、安くても高くても数珠は数珠です。
人の煩悩の数と同じ数がある数珠を、いつも持ち歩いているという人もいますがお守り様な使い方をされテイル方も少なくありません。

一生利用すると考えると耐久性のあるものの方がいいと思いますが、色などから選ぶという方もいますので、自分が気に入ったものを購入すればいいですし、わからないようなら店員さんに確認してみるといいでしょう。

数珠はどんなふうに利用する?

数珠は葬儀、法要などの際に手にかけて利用します。
数珠そのものよりもこのかけ方が宗派によって違うので、自分の家の菩提寺がどのような宗派になるのか、今わからないという人は、調べておく方がいいでしょう。

例えば真言宗の場合は、両手の中指に数珠をかけて親玉を上に二重にして房を握るように手に持ち、そのまま合掌するようにして房を自然にたらします。
真言宗は念珠を大切にするといわれ、在家の場合、主玉108個、親玉2個、四天玉4個、梵天房というものです。

浄土真宗の場合、本願寺派と大谷派があり、本願寺派は念珠を二重にして合掌した手にかけて、房を下にたらす、大谷派は二重にした念珠の親指と人差し指の間にはさみ、房を左手側にたらします。

浄土真宗の数珠は数取できないように房が蓮如結びとなっており、煩悩具足(煩悩があってもそのままで救われる)という教義が念珠にも表れています。

このように数珠というのは、宗派によってかなり違いますし、意味も違ってきます。
菩提寺がある方は一度、こうした数珠についてどのようなものを持つべきなのか、また意味はどうなのか、調べてみるといいと思います。

数珠を持つことの意味、数珠そのものの意味が分かると、葬儀等の際にも必要なものとわかるでしょう。

家族葬はどこまで呼べばいいでしょうか?

最近多くなっている家族葬という選択

著名な方の葬儀でも、ニュースですでに葬儀は家族像で執り行われたという事です・・・など聞くことが多くなっています。

毎日忙しいタレントさん、モデルさんや俳優さん、また企業トップの方々は、ご家族と過ごせる時間も少なく、自分が亡くなるときくらい、ご家族と一緒に最後を迎えさようならを済ませたいと思う方が多いのです。

家族葬はこうしなければならないなどの規則がないので、本当に一緒に暮らしてきた家族だけという葬儀もありますし、親族のみという葬儀、また生前本当に親しくして下さった親友、ご友人のみ来ていただき、ご家族と一緒に最後のお別れをするという形もあります。

そのため、家族葬はどこまで呼べばいいとか、どこまでを家族葬とするという決まりがないのです。

どこまで呼べばいいのか、多くのご家族が悩む

家族葬は肉親はもちろんですが、どこまで呼べばいいのか、実際に家族葬を行う選択をされたご遺族もかなり悩まれたようです。
本来であれば、最後のお別れ、お顔をこの先見ることができなくなるのですから、沢山の方に来てほしいと思いますが、様々な理由があって家族葬を選択されたわけです。

またそれが故人の御遺言という事ならなおさら、家族葬を行うべきなのですが、それもどこまで、誰を呼んでほしいという希望が伝えられていない、考えられていないという事なら、どこまで呼べばいいのか、かなり迷うと思います。

葬儀に参列してもらう方々の範囲を決めるために

おおよそ10名の参加という場合、故人の配偶者、ご家族、お子さんとその配偶者、お孫さんまでという数といえます。

20名となるとこれに故人の兄弟姉妹がはいってきます。
さらに30名となればこれに故人のいとこ、甥っ子姪っ子などが入ります。
30名以上となる場合、これに故人がしたしかった友人を加えるという事になります。

また20名という場合でも、一緒に暮らしてきたご家族とご友人と選択することもできますし、30名の場合もいっしょに暮らしてきた家族、親しい親族、プラス友人と考えることができます。

家族葬の例を見てみると

例えば親族を呼びたいという事でも遠方に高齢な方がいるという場合、呼ばないという事もあります。
この場合、高齢で移動することができない、危険といえるからです。

またお亡くなりになった方のお父さんの兄弟がすでに旅立たれているという場合、そのお嫁さんやお子さんたちを呼ぶという事を選択しないという事もあります。
病気されている方や、御高齢の方などを呼ばないという選択ができるのも、一般的葬儀とは違い、家族葬の特徴といえるのかもしれません。

家族葬にはこれという決まりがありません。
執り行うご家族が規則を作るようなものなので、こうしようと思う選択を家族葬で行えばいいと思います。

エンバーミングのメリットとデメリットって何でしょうか。

日本では一般的といえないエンバーミング

海外ではよく行われているエンバーミングですが、日本ではやっと言葉を聞くようになった・・・くらいです。
余り一般的ではないエンバーミングですが、衛生を保つ、病原菌などを広げないなど、非常に効果の高い方法です。

しかしエンバーミングを利用する場合、メリットばかりではなく、デメリットも考えておく必要があるのです。
これから多くなっていくと考えられているエンバーミングについて、良い点、悪い点を理解しましょう。

エンバーミングを依頼する場合の注意点

エンバーミングを実施している施設を紹介してくれる葬儀社などもだんだんと多くなってきています。
その際、エンバーミングとはどういうことを行うのかなど、エンバーミングについて細かく説明してもらうことが必要です。

エンバーミングについては納得してから行わないと、のちにトラブルとなる事もあります。
説明を聞いて納得した上で、エンバーミングの依頼書、同意書に必要事項を記載します。

このエンバーミングを行うバイ、病院が発行する死亡診断書の写し、もしくは警察が発行する死体検案書が必要となります。
エンバーミングの依頼書、同意書と共に持参し、エンバーミングの施設に届けます。

エンバーミングは最終工程で故人の生前のお顔に近づける処理を行ってくれるので、故人の生前のお顔がよくわかる写真を持っていくといいと思います。
また着せたいお洋服などがある場合もいっしょに持っていくと、エンバーミングの後に着替えさせてくれます。

エンバーミングを行っている時には葬儀の準備等、ご家族は時間を利用できるのでこの間に、葬儀の準備や手配などをしっかり進めていきます。

エンバーミングが終わったらご遺体を施設から搬送し、葬儀当日脳幹、葬儀場兵隊を移動し葬儀となります。

エンバーミングのメリットとはなにか

エンバーミングは病気でほほがこけて生前とは全く違うお顔になってしまったという場合や、事故で傷を負ったという場合などにも、生前のお顔に近くしてくれるというメリットがあります。

大切な方の変わり果てた姿など、お子さんなどにみせる事が出来ない・・という場合でも、エンバーミングを行うことで、お別れさせてあげることができます。

ご遺体の血液を防腐剤と入れ替える作業を行うので、ご遺体からの感染症リスクをかなり軽減できます。
また最大で2週間程度保存が可能となりますので、何らかの理由があり葬儀ができないという場合や、海外の親族の帰国を待ちたいという場合でも安心です。

エンバーミングで防腐処理を施したご遺体は腐敗が少なくなるので、ドライアイスを利用する必要がありません。

衛生的にまたドライアイスの必要もなくご遺体を保存できるので、ご遺体に触れたり、一緒に過ごすというときでも安心です。
好きなお洋服を着せたりすることもできます。

エンバーミングの悪い点、デメリットとなることは?

エンバーミング最大のデメリットといえば、やはり費用がかかるという点です。
ご遺体にメスを入れることになるという事もご遺族としては辛い事であり、デメリットと考える方もいますが、費用が20万前後プラスご遺体の移動費がかかるなど、費用面に大きなデメリットがあります。

現在の日本ではご遺体にエンバーミングを施せる施設が少ないので、施設までが遠いという事でてきます。
そのため、移動費用が大きくかかるという事も念頭に入れて依頼する事が必要なのです。