家族葬はどこまで呼べばいいでしょうか?

最近多くなっている家族葬という選択

著名な方の葬儀でも、ニュースですでに葬儀は家族像で執り行われたという事です・・・など聞くことが多くなっています。

毎日忙しいタレントさん、モデルさんや俳優さん、また企業トップの方々は、ご家族と過ごせる時間も少なく、自分が亡くなるときくらい、ご家族と一緒に最後を迎えさようならを済ませたいと思う方が多いのです。

家族葬はこうしなければならないなどの規則がないので、本当に一緒に暮らしてきた家族だけという葬儀もありますし、親族のみという葬儀、また生前本当に親しくして下さった親友、ご友人のみ来ていただき、ご家族と一緒に最後のお別れをするという形もあります。

そのため、家族葬はどこまで呼べばいいとか、どこまでを家族葬とするという決まりがないのです。

どこまで呼べばいいのか、多くのご家族が悩む

家族葬は肉親はもちろんですが、どこまで呼べばいいのか、実際に家族葬を行う選択をされたご遺族もかなり悩まれたようです。
本来であれば、最後のお別れ、お顔をこの先見ることができなくなるのですから、沢山の方に来てほしいと思いますが、様々な理由があって家族葬を選択されたわけです。

またそれが故人の御遺言という事ならなおさら、家族葬を行うべきなのですが、それもどこまで、誰を呼んでほしいという希望が伝えられていない、考えられていないという事なら、どこまで呼べばいいのか、かなり迷うと思います。

葬儀に参列してもらう方々の範囲を決めるために

おおよそ10名の参加という場合、故人の配偶者、ご家族、お子さんとその配偶者、お孫さんまでという数といえます。

20名となるとこれに故人の兄弟姉妹がはいってきます。
さらに30名となればこれに故人のいとこ、甥っ子姪っ子などが入ります。
30名以上となる場合、これに故人がしたしかった友人を加えるという事になります。

また20名という場合でも、一緒に暮らしてきたご家族とご友人と選択することもできますし、30名の場合もいっしょに暮らしてきた家族、親しい親族、プラス友人と考えることができます。

家族葬の例を見てみると

例えば親族を呼びたいという事でも遠方に高齢な方がいるという場合、呼ばないという事もあります。
この場合、高齢で移動することができない、危険といえるからです。

またお亡くなりになった方のお父さんの兄弟がすでに旅立たれているという場合、そのお嫁さんやお子さんたちを呼ぶという事を選択しないという事もあります。
病気されている方や、御高齢の方などを呼ばないという選択ができるのも、一般的葬儀とは違い、家族葬の特徴といえるのかもしれません。

家族葬にはこれという決まりがありません。
執り行うご家族が規則を作るようなものなので、こうしようと思う選択を家族葬で行えばいいと思います。

エンバーミングのメリットとデメリットって何でしょうか。

日本では一般的といえないエンバーミング

海外ではよく行われているエンバーミングですが、日本ではやっと言葉を聞くようになった・・・くらいです。
余り一般的ではないエンバーミングですが、衛生を保つ、病原菌などを広げないなど、非常に効果の高い方法です。

しかしエンバーミングを利用する場合、メリットばかりではなく、デメリットも考えておく必要があるのです。
これから多くなっていくと考えられているエンバーミングについて、良い点、悪い点を理解しましょう。

エンバーミングを依頼する場合の注意点

エンバーミングを実施している施設を紹介してくれる葬儀社などもだんだんと多くなってきています。
その際、エンバーミングとはどういうことを行うのかなど、エンバーミングについて細かく説明してもらうことが必要です。

エンバーミングについては納得してから行わないと、のちにトラブルとなる事もあります。
説明を聞いて納得した上で、エンバーミングの依頼書、同意書に必要事項を記載します。

このエンバーミングを行うバイ、病院が発行する死亡診断書の写し、もしくは警察が発行する死体検案書が必要となります。
エンバーミングの依頼書、同意書と共に持参し、エンバーミングの施設に届けます。

エンバーミングは最終工程で故人の生前のお顔に近づける処理を行ってくれるので、故人の生前のお顔がよくわかる写真を持っていくといいと思います。
また着せたいお洋服などがある場合もいっしょに持っていくと、エンバーミングの後に着替えさせてくれます。

エンバーミングを行っている時には葬儀の準備等、ご家族は時間を利用できるのでこの間に、葬儀の準備や手配などをしっかり進めていきます。

エンバーミングが終わったらご遺体を施設から搬送し、葬儀当日脳幹、葬儀場兵隊を移動し葬儀となります。

エンバーミングのメリットとはなにか

エンバーミングは病気でほほがこけて生前とは全く違うお顔になってしまったという場合や、事故で傷を負ったという場合などにも、生前のお顔に近くしてくれるというメリットがあります。

大切な方の変わり果てた姿など、お子さんなどにみせる事が出来ない・・という場合でも、エンバーミングを行うことで、お別れさせてあげることができます。

ご遺体の血液を防腐剤と入れ替える作業を行うので、ご遺体からの感染症リスクをかなり軽減できます。
また最大で2週間程度保存が可能となりますので、何らかの理由があり葬儀ができないという場合や、海外の親族の帰国を待ちたいという場合でも安心です。

エンバーミングで防腐処理を施したご遺体は腐敗が少なくなるので、ドライアイスを利用する必要がありません。

衛生的にまたドライアイスの必要もなくご遺体を保存できるので、ご遺体に触れたり、一緒に過ごすというときでも安心です。
好きなお洋服を着せたりすることもできます。

エンバーミングの悪い点、デメリットとなることは?

エンバーミング最大のデメリットといえば、やはり費用がかかるという点です。
ご遺体にメスを入れることになるという事もご遺族としては辛い事であり、デメリットと考える方もいますが、費用が20万前後プラスご遺体の移動費がかかるなど、費用面に大きなデメリットがあります。

現在の日本ではご遺体にエンバーミングを施せる施設が少ないので、施設までが遠いという事でてきます。
そのため、移動費用が大きくかかるという事も念頭に入れて依頼する事が必要なのです。

エンバーミングって何ですか?

最近よく聞くようになったエンバーミングとは

最近、よくエンバーミングという言葉を聞くようになりました。
テレビでも葬儀の関係する特集などの際に、エンバーミングを行うなどの話をよく聞きます。

エンバーミングというのは、血液系を利用し血液と防腐剤を完全に入れ替えて、全身を漂流固定するという事です。

このエンバーミングは、葬儀の関係でよく聞く言葉となっていますが、感染症予防について関係が深い行動です。

病理解剖を行う場合も、臨床の場でも、感染症についての危険性は多くの医師が指摘しているもので、エンバーミングを行うことによって、ご遺体から感染症を引き起こす病原菌の数を激減させることができます。

エンバーミングは医師や看護師、医療スタッフなど、またご遺族が感染症になるリスクを激減させる最前の策として知られているのです。
医療関係者、また葬儀に関係する仕事を行っている方にとっては、エンバーミングがこの先、医療の現場等にすべて利用されるようになってほしいと願っている事なのです。

エンバーミングの処理はどのように行われるのか

エンバーミングを行う場合には、細心の注意を払う必要があります。
ご遺体から血液を抜き防腐剤を入れるという作業になります。

まずはご遺体の消毒殺菌を行います。
感染症の原因となる病原菌、ウイルスなどがいるかどうかに限らず、少しでも感染リスクを減少させるために、ご遺体を丁寧に消毒、殺菌します。
この殺菌、消毒作業をしっかり行うことが大切です。

人がお亡くなりになると、表面上変わっていないようでも死後、すぐに腐敗が始まります。
そのため、出来る限り早く腐敗防止を行う必要があります。
処置をしっかり施すと匂いもほとんどなくなるので、ご遺族にとっても辛い思いを少しでも軽減できる処理です。

血管系から血液をすべて抜き取り、その後防腐剤を血管へ入れていきます。
この防腐処理を施してから、修復、化粧に入ります。

傷があったり、時に事故で大きく欠損等があるご遺体もあります。
しかしご遺族の方々にはこうした悲しい姿を見せるに忍びないので、しっかりと修復し、お顔も生前の安らかなお顔になるようにお化粧を施します。

故人の姿を見て、生前のいい思い出がよみがえってくるように、人生を思い起こすことができるように美しく生前のような血色になるようにお化粧します。

エンバーミングによって衛生的になるので、ご遺族は心行くまでしっかりとお別れができます。
エンバーミングを行うことで、10日から2週間、衛生状態を安全に保つことができるのです。

湯かんを希望される場合、衛生上リスクが高くなるので、エンバーミングを行ってから安全な状態で行うことで、ご遺族が心行くまでお別れの時間を作ることができます。

社葬と合同葬ってなにが違うのでしょうか。

社葬・合同葬、この違いはどこにあるの?

企業のトップ、また重役や創始者などがお亡くなりなると、社葬や合同葬という形をとることが多いです。
社葬も合同葬も企業が関係する葬儀となりますが、この違いがよくわからないという人も少なくありません。

社葬というのは通常企業が主催し関係各社に知らせて大きく行うもので、この場合は費用を施主となる企業が負担します。
合同葬の場合、企業とご遺族がともに合同で行う葬儀で、費用負担については話し合いによって決定します。

社葬の場合、ご遺族の方が密葬、家族葬などを行い、その後準備を整えて1ヵ月から2ヵ月くらい先に奔走を行うという形をとるのが一般的となっています。

合同葬と社葬・お別れの会の違いを理解しよう

合同葬と社葬やお別れの会の違いを具体的に理解していきましょう。
まず合同葬の場合ですが、通夜、葬儀、告別式を行うことになり、費用は企業とご遺族がそれぞれ相談し負担します。
社葬の場合、費用は企業が通常負担することになります。

そのあと葬儀社へ連絡、関係各所への連絡、合同葬を行う場所などの交渉等を行うなど事前準備を行います。
その後、事前に葬儀社他と相談した内容に基づき、社内で葬儀の準備を行います。

社内取扱い規定整備、ガイドラインを作るなど社葬に関してコンセンサスをしっかり考慮して置くことが必要です。
もしも対象となる方の旅立ちが近いとわかっているようであれば、予算や内容などをあらかじめ決めておくことも必要でしょう。

この後から、合同葬と社葬の違いがでてきます。
葬儀の準備等をすすめてから、いよいよ葬儀となりますが、合同葬の場合、この後に合同葬となる通夜、葬儀、告別式を行います。

社葬の場合は故人のご遺族による密葬を執り行い、その後、1ヵ月から2ヵ月ほど経過してから社葬・お別れの会を執り行うという事になります。

以上すべてが終わったら各方面に挨拶へいき、費用の支払い等を行うことになります。
支払いについては企業が行うという事で、経費処理としたいところですが、葬儀という事なので、早めに支払う方がいいでしょう。

また各方面へのご挨拶も葬儀後、なるべく早いタイミングで行うことが求められます。
こうした社葬、合同葬をおこなったら、写真や名刺帳・記録帳など、また利用したタイムスケジュールなどをしっかり記録し、この葬儀で結成した実行員会などで事故報告会なども行うことになります。

企業がかかわる葬儀、企業が行う葬儀という事で、取引先、関係各所に失礼がないようにまた故人に恥をかかせないようにしっかりと準備を行って葬儀を行う必要があります。
故人のご家族などの気持ちもよく考えながら、葬儀の準備を滞りなく行う必要があり、組織を作って動くことが重要な葬儀です。

葬式の日取りでダメな日ってありますか?

仏滅ってダメ?

お葬式をする際の日取りについて教えてください。
例えば冠婚葬祭で良いと言われているのは大安になりますが、このようにお葬式をする際にも意識しなければならないことがあるのでしょうか?
仏という文字が入っており、結婚式などでは避けられる仏滅ですがお葬式をする際にも避けた方が良いのでしょうか?

結婚式などお祝い事に関しては、こういった部分を耳にすることも多いのですが、お葬式ともなるとあまり話題に挙がる事がないのでわかりません。
今すぐ葬儀をするわけではありませんが、自分が施主の立場になった時、知らなければ恥をかいてしまうような事は避けたいと思っています。

故人のためにもしっかりとこのような常識を踏まえた上でその場を乗り越えていきたいと思うので、葬儀について色々な知識を学んでいるところです。
やはり日取りを考える際には仏滅を避け、その他の日にした方が良いですか?

六曜を参考にして友引は難しい

暦上では六曜があるので祝い事などの場合にはこれを参考にしながら大安などにとり行うというのが一般的です。
葬儀の場合は特にこの六曜を意識する必要はありませんが、友引に関しては告別式当日をぶつけていくのは難しいケースもあります。

なぜならば、友引に関して火葬場が休みになっていることが多いからです。
友引というのは、友を引くといった意味合いを持っていますので、火葬場では業務を行わず休業している地域が少なくありません。
まずはご自身が葬儀を行う地域の火葬場で確認をしてみた方が良いでしょう。

ここさえクリアすることができれば、通夜や告別式をどのタイミングで行っても問題ありません。
ご遺体を安置しておく日数なども季節また業者によって変わってくるため、基本的にはご遺族の都合はもちろんですが業者側の都合も考慮していくことになるでしょう。
たとえ仏滅であっても非常識などと思われることはなく、葬儀に関して六曜を気にする人は少ないと言えます。

仏滅でも大安でも特に問題は無い

大安というのはおめでたいイメージにつながっていますので、葬儀を行なってしまうのは罰当たりだなどという意見もありますが、前述の通り実際には六曜を気にして葬儀を行う必要はありません。
仏滅であっても大安であっても良いことになっています。
あくまでもご遺族と業者の都合を意識した上で日程を考えていくと良いでしょう。

その他には地域ごとに様々な風習があるので、こういった部分で不安を感じるようであれば葬儀屋さんと話をする際に詳しく聞いてみると良いです。
葬儀屋さんであれば、それぞれの地域の特色などを把握していますので選ばれることの多い日取りなどについてもしっかりアドバイスをしてくれるでしょう。

弔問客に関しては通夜に来てくれることが多いので平日であってもお仕事が終わってからという形になります。
ですからそこまでを気にして通夜葬儀の日程を決めることもありません。
あとはご親族の都合をしっかりと確認しながら最もベストな日取りを選んで行きましょう。

葬儀中に生き返る事なんてあるんですか?

ネットでみたことがある

今まで身近で起きたことはありませんが、ネットでの情報やテレビ番組などを見ていると亡くなった方の葬儀をしている最中に故人が生き返るという仰天ニュースなどがあります。身近で起きたことがないだけにありえないと思っているのですが、こういった話は実際に起きることもあるのでしょうか?

多くの場合で医師が亡くなったことを確認し、その後に通夜や葬儀などといった手続きになると思いますが、医師がしっかりと確認をしているにもかかわらず時間が経過して、葬儀中に生き返るというのはどのような出来事なのでしょうか?
実際にはこのような話はなく、単純に作り話のような形気がするのですが、ありえることなのでしょうか?
また、ありえるとすれば医師による診断は間違っていたということになるのでしょうか?

海外などでは何件か実例があります

日本ではあまり耳にすることのない話ですが、海外では実際に何件かこのようなことがあります。
ケースバイケースですので葬儀を行い埋葬したはずの故人が生き返ったという話から、葬儀中に棺の中で生き返ったという話まで様々です。
日本ではやはり医師が死亡診断を行いますので、こういった実例はほとんどないようです。

なぜ海外でこのような実例が何件もあるのかといった具体的な部分に関してはわかりませんが、一時的な心肺停止状態をドクターが死亡と診断し、その後葬儀といった形で進んでいく中、一時的な心肺停止状態から蘇生するというケースが多いようです。
もちろん、こういったケースは非常に稀ですので頻繁に起こっているわけではありません。

だからこそ、実例があると大きな話題として取り上げられるのではないでしょうか。
日本の場合にはほとんどありませんので、例えば誰かの葬儀に参列した際に棺の中から故人が生き返るなどということは気にしないで良いでしょう。

死亡宣告の後に蘇生する事もあります

上記のように多くの実例は葬儀中というものになっているのですが、その他死亡宣告を受けた後、通夜葬儀が行われるまでの間に蘇生するというケースもあります。
亡くなってしまったご本人を自宅などに安置し、これから葬儀の準備をしなければならないという状況の中、突然ご本人がムクムクと起き上がり元気な姿になったというケースや、病気ではあるものの、目を覚まし、亡くなっているわけではなかったケースもあります。

こういった部分に関してもやはり一時的な心肺停止状態をドクターが死亡診断すると言ったものが大半です。
そのため、オカルト的な話ではなく、人間の体の仕組みの不思議として捉えられているようです。
とはいえ近年では医療も発達してきていますので死亡診断などを行う場合であっても一時的な心肺停止ということはほとんどありません。

ここまで医療が発達しておらず、医師が持つ知識なども今よりもっと少ない時代に海外で何件かの実例が立て続けに起きたこともありました。
現在の日本でこのような実例となるのは、ほぼありえないと思っていて良いでしょう。