社葬について詳しく教えてください。

必ず参列するべき?

社会人として働くようになってから社葬という言葉を耳にするようになりました。
これまで参列したことはありませんが、取引のある会社で社葬が行われるといった通知があった場合は必ず参列しなければならないのでしょうか?
仕事が忙しく参列できないようなタイミングで通知があった場合、どちらを優先するべきですか?

また社葬に出向く際には必要なマナーなどもあるのでしょうか?
今までたずさわりがなかったものですから詳しいことが全くわかりません。
しかしビジネスマナーの一つとして社葬に参列する際の事もしっかりと自分で知らなければならないと思っています。
通知があった時には会社の人間と話し合い、服装や香典などについても揃えるような形でよいのでしょうか?

基本的には重役が参列する事になります

取引先で社葬が行われるといった通知があった場合には、基本的に会社の取締役やその他重役が参列することになります。
一般的な社員が参列するというケースはほとんどありません。
なぜならば社葬での大きなマナーは故人となった方よりも役職が上の方が参列するというのが常識だからです。

また、一般的な社員が亡くなった際に社葬を行うということはほとんどありませんので、基本的には取締役が参列するケースがほとんどです。
それぞれの会社で重役が参列しますが、誰が出向くのかということについては会社の中で人事部などをはじめ十分な相談を行った上で決定することになります。

故人とプライベートでの付き合いがあったというケースであれば会社関係を抜きにして参列することになりますが、そうでなかった場合には自分自身が重役のケースを除き、参列の心配をする必要はないでしょう。
重役である場合には参列しなければならない状況があるので、詳しいマナーを身につけておくと良いです。

故人の功績を讃える事が大きな目的です

社葬というのは、そもそも会社の人間全てで故人が亡くなったことを悲しむという場ではなく、これまで会社にとって個人が行ってきた功績を称えるということが大きな目的になっています。
もちろん、ほの場にはご遺族なども参列することになるため、しっかりと挨拶をしなければなりません。

特に頼まれていなければ弔辞などをする必要はありませんが、会社の代表として出向くことになるので決して失礼のないように参列する必要があるでしょう。
服装などに関しては一般的な葬儀に参列する際とほぼ変わりませんが、これについてはそれぞれの会社によって決まるものですから一概に相場などはありません。

具体的な取引の内容や取引している年数などによっても変わってきます。
受付ではしっかりと挨拶を行い、その後参列することになりますが、焼香をはじめとして細かなマナーについても他人を真似するのではなく、自分自身でしっかりと学んでおくようにしましょう。