直葬とは何でしょうか?

告別式の有無について

直送する方はさほど多くないと聞きますが、それでも近年では少しずつ増えてきているようです。
この直葬というのは通夜もしないで告別式だけを行うという形の葬儀になりますでしょうか。
我が家では両親などが亡くなった際特に他人としての弔問客などもなく、親族のみで行いたいと思っているので通夜をせず、告別式だけで葬儀を行うことができるのであればこの方法が良いと思っています。

こういった考えを持っている場合には、葬儀屋さんに対して直送したいのですが、と話をすればよいのでしょうか?
それとも単純に通夜をせず告別式だけにしてくださいと頼んだ方が良いのでしょうか?

通夜も告別式もなく荼毘のみとなります

直葬というのは通夜を行わないのはもちろんですが、告別式も行わず荼毘に付すというだけのものになっています。
そのため荼毘に付す際にはお世話になっている住職などにお願いして読経してもらうことになります。
火葬場で故人とは最後のお別れをして、そのまま荼毘に付した後、弔いの場を設けるといったスタイルですね。

こちらのスタイルの場合は通夜告別式にかかる費用が一切かからないだけでなく、弔問客などについてもほとんど足を運ぶことはありません。
どうしても経済的な事情から告別式も行えないといった状況であれば、このスタイルを選ぶ方々もいらっしゃいます。

ただし、近年では多くの火葬場で最後の別れをゆっくり行うことが難しくなっていますので、それまでの間、故人とご親族の方々が自宅やお寺などご遺体が安置されている場所でゆっくり過ごしてあげるようにしましょう。
それぞれの火葬場で決められている費用と、住職に渡すお布施のみで終了することができるので、経済的には最もリーズナブルな形で葬儀という形を終わらせることができます。

経済的な問題や故人の意向で行われる事が多いです

数直葬が行われるのは前述の通り経済的な問題もありますがそれだけではなく、故人の意向で行われるというケースもあります。
故人が弔問客などに負担をかけたくないといった思いを持ち、さらには親族に対しても負担をかけないためご自身が亡くなった際には直葬で良いなどという遺書を残しているケースです。

そうでない場合には、どんな形であれ告別式を行って故人を見送ってあげるというのが一般的なスタイルではないでしょうか。
ただし近年では葬儀のスタイルそのものにも様々なバリエーションが増えてきており、昔とは認識も違ってきているため今後は直葬を行う方々が増えるのかもしれません。

上記した通り荼毘に付す前の段階でできる限りご遺族の方々が故人と最後のお別れをするための時間を作るようにしましょう。
また直葬を行った場合には関係者各位に連絡をする際、家族葬で行いましたといって通常を出すことや密葬で行いましたなどといった通知を出すことも忘れないようにしてください。