合同葬について教えていただけますでしょうか。

葬儀の形はいろいろ・・・現代は多様化している

葬儀は通常、通夜、葬儀、告別式と一般的な流れがありますが、最近は葬儀の形もそれぞれで、ご家族によっては故人の生前の遺言や、ご家族の意思を持って通常の葬儀ではなく、個性豊かな葬儀を行うようになっています。

経済的な負担を少なくするという事で、直葬を選択されるご家族もありますし、家族葬を行うご家族もいます。
また生前音楽が好きだったという事で、音楽葬を行うという事もあります。

昔よりもずっと、自由な形の葬儀が多くなった現代においても、やはり地位ある人、著名な人の葬儀というのは大きく行う必要もあり、その場合、社葬や大規模な告別式など、規模の大きな斎場で大掛かりに行われています。

合同葬とはどういう葬儀?社葬?

最近は家族葬など家族や友人だけで葬儀を行うなど、小規模、小さい葬儀が多くなっています。
著名な方でも、地位のある方でも、最後はご家族と一緒に過ごしたいという事で、大きな規模の葬儀を行わず、家族葬等の小さい規模の葬儀を行うというものです。

しかし立場上、社葬的なことを行わなくてはならないという事もあり、社長、創立者、重役など亡くなった場合、企業が主体となりご家族と共に合同葬を行う、またご家族が葬儀を行った後、告別式的に合同葬を行う、という事もあります。

社長や重役クラスが亡くなるという事は、その企業内で役員の人事異動などもあるため、社内外に広く知らせる必要があるため、合同葬を行うという事もあります。

準備の負担を軽減するという事もあり、喪家と企業が一緒に葬儀を行う事の方が、最近は多くなっているようです。

企業のトップクラスがお亡くなりなった時とは別に、例えば大きな災害で地域の皆さんが多くお亡くなりになった時、喪家単位で葬儀を行うことができる状態ではないという場合にも合同葬として葬儀を行う事もあります。

合同葬はどのように行うのか

企業が代表や重役、また企業に高い貢献をしてくれた方に対し社葬という意味を込めて合同葬を行うという場合には、しっかりとスケジュール調整、準備を早急に行うことが必要です。

人がお亡くなりになってから葬儀を行う時間は、日程によって違いますが、短い期間となることも多く、その中で喪家と話し合い、関連企業等へ連絡を行っていくことも必要です。
葬儀費用については喪家と相談し、その上で決定します。

大切なご家族がお亡くなりになったという事で、故人のご家族、親族の心痛もありますので、企業側もその心を思いはかりことを進めていく必要があります。
日程が折り合わない場合や、家族として見送りをしたいという意思をお持ちの場合もありますので、この場合、喪家の葬儀を終えてから社葬という事も考えなくてはなりません。