合同葬について教えていただけますでしょうか。

葬儀の形はいろいろ・・・現代は多様化している

葬儀は通常、通夜、葬儀、告別式と一般的な流れがありますが、最近は葬儀の形もそれぞれで、ご家族によっては故人の生前の遺言や、ご家族の意思を持って通常の葬儀ではなく、個性豊かな葬儀を行うようになっています。

経済的な負担を少なくするという事で、直葬を選択されるご家族もありますし、家族葬を行うご家族もいます。
また生前音楽が好きだったという事で、音楽葬を行うという事もあります。

昔よりもずっと、自由な形の葬儀が多くなった現代においても、やはり地位ある人、著名な人の葬儀というのは大きく行う必要もあり、その場合、社葬や大規模な告別式など、規模の大きな斎場で大掛かりに行われています。

合同葬とはどういう葬儀?社葬?

最近は家族葬など家族や友人だけで葬儀を行うなど、小規模、小さい葬儀が多くなっています。
著名な方でも、地位のある方でも、最後はご家族と一緒に過ごしたいという事で、大きな規模の葬儀を行わず、家族葬等の小さい規模の葬儀を行うというものです。

しかし立場上、社葬的なことを行わなくてはならないという事もあり、社長、創立者、重役など亡くなった場合、企業が主体となりご家族と共に合同葬を行う、またご家族が葬儀を行った後、告別式的に合同葬を行う、という事もあります。

社長や重役クラスが亡くなるという事は、その企業内で役員の人事異動などもあるため、社内外に広く知らせる必要があるため、合同葬を行うという事もあります。

準備の負担を軽減するという事もあり、喪家と企業が一緒に葬儀を行う事の方が、最近は多くなっているようです。

企業のトップクラスがお亡くなりなった時とは別に、例えば大きな災害で地域の皆さんが多くお亡くなりになった時、喪家単位で葬儀を行うことができる状態ではないという場合にも合同葬として葬儀を行う事もあります。

合同葬はどのように行うのか

企業が代表や重役、また企業に高い貢献をしてくれた方に対し社葬という意味を込めて合同葬を行うという場合には、しっかりとスケジュール調整、準備を早急に行うことが必要です。

人がお亡くなりになってから葬儀を行う時間は、日程によって違いますが、短い期間となることも多く、その中で喪家と話し合い、関連企業等へ連絡を行っていくことも必要です。
葬儀費用については喪家と相談し、その上で決定します。

大切なご家族がお亡くなりになったという事で、故人のご家族、親族の心痛もありますので、企業側もその心を思いはかりことを進めていく必要があります。
日程が折り合わない場合や、家族として見送りをしたいという意思をお持ちの場合もありますので、この場合、喪家の葬儀を終えてから社葬という事も考えなくてはなりません。

音楽葬について詳しい方

気になっています

音楽葬というのは、有名人やミュージシャンが亡くなった際に行うものだと思っていたのですが、一般人であっても近年では音楽葬が増えているという話を耳にしました。
テレビで見かけただけですが、実際に音楽葬が増えているのであれば自分が亡くなった時にもぜひこういったスタイルで葬儀を行いたいと思っています。

しかし、ただ話題になっているだけで実際に行う一般人が少ないのであれば非常識だと思われてしまう可能性も高く、残された遺族のイメージもあるので悩んでいるところです。
やはり一般的にはまだ浸透していない葬儀のスタイルなので、音楽葬を行うということになれば非常識だととらえられてしまうのでしょうか?
ごく一般的な葬儀にした方が良いですか?

本当です故人が希望する場合が大半になります

音楽葬を行う場合には、基本的に故人が希望しているという場合が大半になっています。
ご遺族が独断で音楽葬を執り行うというケースは非常に少ないです。
生前から好きだった音楽などを、それぞれの場面で使用するため故人が満足をしながら旅立っていかれるように、という思いから生まれたスタイルになります。

日本ではここ数年で話題になっていますが海外ではもっと前から取り入れられており、有名人だけでなく一般的な方々でも音楽葬を行っています。
ただし音楽葬を行いたいといった場合であっても宗教上の問題などによって禁じられているケースもあるので、そういった部分はしっかりと自覚しなければなりません。

特にこういった部分で問題がなければ生前からご家族などに伝えておけば音楽葬を行ってもらうことができるでしょう。
非常識などと思われることは少なく、あくまでも故人の意向を重視したという形で弔問客にも理解してもらえるスタイルです。

式の全体を通して音楽が常に使用されます

通夜をはじめとして告別式にも様々な順序があり、こういった順序にのっとりながら、式そのものが進行していく事になります。
音楽葬を行う場合には最初から最後まで同じ音楽が繰り返し流されるというケースよりも、その場その場で違った音楽が使用されることが多いです。

何曲か大好きだった曲をピックアップして流すというのが多くのスタイルだといえるでしょう。
数年前テレビでも話題になりましたが、ロックミュージシャンが亡くなった際にはご自身が手がけたロックのミュージックなどを使用した葬儀もありました。
これといって葬儀にはもともとのスタイルが決められていませんので、音楽葬を行う場合であってもご遺族が非常識だと思われるような心配はありません。

音楽葬の場合には、しんみりとした涙よりも本当に故人が笑顔で旅立っていくような姿を弔問客の皆様も想像しながら温かい笑顔で見送ってくれる特徴があります。
悲しみを分かち合いながら故人を見送るというのは一般的な葬儀のスタイルですが、故人の笑顔を思い浮かべ弔問客やご遺族も笑顔になれる葬儀があっても良いでしょう。

直葬とは何でしょうか?

告別式の有無について

直送する方はさほど多くないと聞きますが、それでも近年では少しずつ増えてきているようです。
この直葬というのは通夜もしないで告別式だけを行うという形の葬儀になりますでしょうか。
我が家では両親などが亡くなった際特に他人としての弔問客などもなく、親族のみで行いたいと思っているので通夜をせず、告別式だけで葬儀を行うことができるのであればこの方法が良いと思っています。

こういった考えを持っている場合には、葬儀屋さんに対して直送したいのですが、と話をすればよいのでしょうか?
それとも単純に通夜をせず告別式だけにしてくださいと頼んだ方が良いのでしょうか?

通夜も告別式もなく荼毘のみとなります

直葬というのは通夜を行わないのはもちろんですが、告別式も行わず荼毘に付すというだけのものになっています。
そのため荼毘に付す際にはお世話になっている住職などにお願いして読経してもらうことになります。
火葬場で故人とは最後のお別れをして、そのまま荼毘に付した後、弔いの場を設けるといったスタイルですね。

こちらのスタイルの場合は通夜告別式にかかる費用が一切かからないだけでなく、弔問客などについてもほとんど足を運ぶことはありません。
どうしても経済的な事情から告別式も行えないといった状況であれば、このスタイルを選ぶ方々もいらっしゃいます。

ただし、近年では多くの火葬場で最後の別れをゆっくり行うことが難しくなっていますので、それまでの間、故人とご親族の方々が自宅やお寺などご遺体が安置されている場所でゆっくり過ごしてあげるようにしましょう。
それぞれの火葬場で決められている費用と、住職に渡すお布施のみで終了することができるので、経済的には最もリーズナブルな形で葬儀という形を終わらせることができます。

経済的な問題や故人の意向で行われる事が多いです

数直葬が行われるのは前述の通り経済的な問題もありますがそれだけではなく、故人の意向で行われるというケースもあります。
故人が弔問客などに負担をかけたくないといった思いを持ち、さらには親族に対しても負担をかけないためご自身が亡くなった際には直葬で良いなどという遺書を残しているケースです。

そうでない場合には、どんな形であれ告別式を行って故人を見送ってあげるというのが一般的なスタイルではないでしょうか。
ただし近年では葬儀のスタイルそのものにも様々なバリエーションが増えてきており、昔とは認識も違ってきているため今後は直葬を行う方々が増えるのかもしれません。

上記した通り荼毘に付す前の段階でできる限りご遺族の方々が故人と最後のお別れをするための時間を作るようにしましょう。
また直葬を行った場合には関係者各位に連絡をする際、家族葬で行いましたといって通常を出すことや密葬で行いましたなどといった通知を出すことも忘れないようにしてください。

社葬について詳しく教えてください。

必ず参列するべき?

社会人として働くようになってから社葬という言葉を耳にするようになりました。
これまで参列したことはありませんが、取引のある会社で社葬が行われるといった通知があった場合は必ず参列しなければならないのでしょうか?
仕事が忙しく参列できないようなタイミングで通知があった場合、どちらを優先するべきですか?

また社葬に出向く際には必要なマナーなどもあるのでしょうか?
今までたずさわりがなかったものですから詳しいことが全くわかりません。
しかしビジネスマナーの一つとして社葬に参列する際の事もしっかりと自分で知らなければならないと思っています。
通知があった時には会社の人間と話し合い、服装や香典などについても揃えるような形でよいのでしょうか?

基本的には重役が参列する事になります

取引先で社葬が行われるといった通知があった場合には、基本的に会社の取締役やその他重役が参列することになります。
一般的な社員が参列するというケースはほとんどありません。
なぜならば社葬での大きなマナーは故人となった方よりも役職が上の方が参列するというのが常識だからです。

また、一般的な社員が亡くなった際に社葬を行うということはほとんどありませんので、基本的には取締役が参列するケースがほとんどです。
それぞれの会社で重役が参列しますが、誰が出向くのかということについては会社の中で人事部などをはじめ十分な相談を行った上で決定することになります。

故人とプライベートでの付き合いがあったというケースであれば会社関係を抜きにして参列することになりますが、そうでなかった場合には自分自身が重役のケースを除き、参列の心配をする必要はないでしょう。
重役である場合には参列しなければならない状況があるので、詳しいマナーを身につけておくと良いです。

故人の功績を讃える事が大きな目的です

社葬というのは、そもそも会社の人間全てで故人が亡くなったことを悲しむという場ではなく、これまで会社にとって個人が行ってきた功績を称えるということが大きな目的になっています。
もちろん、ほの場にはご遺族なども参列することになるため、しっかりと挨拶をしなければなりません。

特に頼まれていなければ弔辞などをする必要はありませんが、会社の代表として出向くことになるので決して失礼のないように参列する必要があるでしょう。
服装などに関しては一般的な葬儀に参列する際とほぼ変わりませんが、これについてはそれぞれの会社によって決まるものですから一概に相場などはありません。

具体的な取引の内容や取引している年数などによっても変わってきます。
受付ではしっかりと挨拶を行い、その後参列することになりますが、焼香をはじめとして細かなマナーについても他人を真似するのではなく、自分自身でしっかりと学んでおくようにしましょう。

一日葬って何ですか?

負担がかからないのは魅力かも

1日葬というのは近年セレクトする人が多くなっていると耳にしましたが、これはどのような形の葬儀なのでしょうか?
今まで聞いたことがなく初めて耳にしたものですからどんなスタイルなのかがわかりません。
1日の中で通夜告別式と一緒に行ってしまう事を言うのでしょうか?

もしそのようなスタイルで葬儀を行えるのであれば、必要になった時是非とも、そういった形で行いたいと思っています。
1日で済むのであれば、その分コストを抑えることもできるし弔問客にも負担をかけず済むと思うので非常に良いと思っているのですが、実際にはどのような形のでしょうか?
一般的なものに比べて、1日の中で通夜告別式と行うのであれば、反対にバタバタと忙しくなってしまうようなリスクもあるのでしょうか?

通夜を行わず告別式のみです

1日葬というのは通夜を行うものではありません。
通夜というのは告別式の前日に行うものになっています。
1日葬場合には前日の通夜を行わず、当日告別式そして火葬のみといった形になっています。
もちろん火葬の後には弔いの場を設けることになりますが、通夜そのものを行いませんので弔問客は無く、親しかった人のみが告別式に参列するといった形です。
>>http://www.sougisupport.net/kind_ondeday.html

会社関係の方々などは多くのケースで通夜に弔問しますので、こういった手間を省き、遺族にとっても大きなメリットがあるといえます。
1日だけですのでもちろん気を使わず経済的なコストも抑えられるという部分だけではなく、弔問客に対するお返しなどの準備も非常に少なくなります。

お清め料理などの手配がありません

葬儀が終わると一般的には弔いの場を設けて食事をすることになりますが、前日に通夜を行う際には必ずお清め料理などを手配を行いましょう。
弔問してくださった方々に一口でも手を付けていただく為、故人からの食事として提供することになりますが、1日葬であればこういった部分の必要はありません。

費用的な問題だけではなく、こういった手配をするにも内容を考えることが必要になりますが、そこでの手間を省き、その分、故人と最後の時間をゆっくり過ごすことができます。
火葬のみになってしまうとご親族もゆっくり故人とお別れをすることができませんが、当日の告別式があるので、ここでしっかりとお別れをすることができるでしょう。

あくまでも、多くの弔問客が訪れてしまうようなケースでその部分を省き、告別式のみを執り行うといった形になっています。
1日の中で通夜葬儀を行うといったスタイルではありませんので、しっかり把握しておくと良いでしょう。

あくまでも告別式には前述の通り、親しかった生前の友人などが訪れるのみとなっており、会社関係の方々が何人も訪れてしまうようなことがありません。
やはりそういった部分ではご家族そろってのお別れの時間を充実させることができるでしょう。

家族葬について教えてください。

同居している家族で行うのですか?

家族葬についての質問があります。
家族葬を行う際に、声をかける親族というのは故人と同居していた家族の身になるのでしょうか?
それとも、親類など遠く離れた親族にも声をかけ、参列に来てもらって良いのでしょうか?
家族葬を行う際の範囲が分からずに困っています。

例えば故人が生前、家族と同居しておらず、1人で生活をしていたというケースや、老人ホームに入っていたなどのケースではどのようにして家族葬を行うのでしょうか?
こういったケースでは、家族葬を行うことはできないのでしょうか?
万が一自分が亡くなった際、できれば家族葬で済ませたいと思っていますが、どこまでの親族に声をかけるのが家族葬と呼べるものなのでしょうか?
遠く離れた親族などに声をかけて弔問に来てもらう場合には家族葬ではなく、一般層になりますか?

親族を含め同居に関わらず身内が参列します

家族葬というのは、あくまでも血の繋がった血縁者が参列するという葬儀になります。
そのため、同居しているしていないに関わらず、親族であれば家族葬に参列することになります。
勿論遠方で足を運ぶことが難しいため、参列できないというご親族もいらっしゃるかと思いますが、その場合には仕方がありません。

絶対に参列しなければならないというものではなく、また絶対に声をかけなければならないというものでもありません。
飛行機を使わなければ足を運べない遠方の親族に声をかけるのは申し訳ないと思うのであれば、声をかけず連絡を入れるといった形でも問題ないでしょう。

どこまでの親族に声をかけるのかは、それぞれのご家庭によって違っています。
多くの場合で、遠方であっても必ず声を掛け参列できるか、できないかという部分での有無を確かめた上で食事やお返しなどを準備して行く事になります。

弔問が無いので様々な準備も少ないです

家族葬というのは親族こそ参列しますが、その他の他人は基本的には弔問が しませんので、さまざま部分で費用を抑えることができます。
お返しや葬儀が終わった後の食事など弔問客が多ければ多いほど、あらかじめ準備しておかなくてはなりませんので、多くの費用が必要になります。

香典を頂いた場合であっても、やはりお返しなどを考えると出費のほうが大きいといえるでしょう。
よほど大がかりな葬儀でない限りマイナスの方が大きくなってしまいます。
しかし家族葬であれば、こういった部分で気を使う事がありませんので大きな出費抑え、シンプルな葬儀を行ってご家族だけで故人を送ってあげることができます。

このような部分からも経済的な事情を考慮し、家族葬を行うという方々も増えてきているようです。
特に定年退職をした後に現役として働いていない方が亡くなった場合には生前、一緒に働いていた方々などにも参列してもらうのは申し訳ないといった意向から家族葬を執り行うというケースがたくさんあります。
ただし、通夜葬儀を行う前の段階で故人の顔を見てお線香をあげに来てくれるといった方々もいます。
この場合には葬儀のお返しというものではなくとも、簡単な感謝の気持ちを洗わせるようなお菓子の詰め合わせ、またはコーヒーの詰め合わせなどを準備しておくと良いでしょう。