海への散骨について

勝手に行って良い?

昔なにかのドラマか映画で見たことがあるのですが、遺骨を海に撒くシーンを覚えています。
私は海がとても好きなので、自分が死んだとき海に撒いてもらえたらどんなに幸せかと思うのですが、このような海への散骨は、勝手に行って良いのでしょうか?
家族に頼んでおけば、家族が私の死後行ってくれるのでしょうか。

それともお寺の住職などにお願いし、散骨してもらう必要がありますか?
海を管理する団体などもあるので、こういった団体の許可が必要なのかということが気になっています。
もちろん散骨をする際にも遺骨そのままというわけにはいかないので、小さなパウダー状にするなどといった工夫が必要になると思いますが、このような部分についても専門業者などがいるのでしょうか?

散骨は私の一つの夢でもあり、実現できるのであれば今すぐにでも遺言書の中に記載しておこうと思っています。
遺族のことを考えればお墓に納骨するというのが1番なのかもしれませんが、やっぱり大好きな海に自分の骨を撒いてもらうのはとても幸せな気分になれるような気がしています。

一定の法律があります

海の散骨というのは一定の法律がありますので、まずは法律をしっかりと把握しなければなりません。
どこなら散骨をして良いのかという部分でも海岸から非常に離れていることや、漁業の悪影響にならない場所などといった決まりがあります。

そのため、素人が散骨場所を選ぶのは難しいと言えるでしょう。
海の上には、ここからここまでが漁業に使用する場所などといった線引きがありません。
これはあくまでも携わっている業者などでなければ、はっきりとわからないことになっています。
万が一こういったことを意識せず海で散骨をしてしまうと漁業組合から訴訟を起こされてしまうこともあるので、注意してください。

法要を兼ねるため扱っている住職や業者を探しましょう

素人が法律を意識せず海で散骨をしてしまうのは非常にリスクが高いといえます。
近年では海での散骨を取り扱ってる住職などもいるので、こういった住職に話を聞くことや専門業者に依頼するといった方法が良いでしょう。

もちろん専門業者をはじめ取り扱っている住職は法律をしっかりと熟知した上で行ってくれます。
散骨をする際にもご遺族が同行し、船の上からの散骨に対し、ご遺族全員が見守ることも出来るようになっています。
住職が読経しながら散骨をして、その後それぞれの地域のしきたりによって散骨した場所を左回りに船で3回まわるなど様々なものがあります。

より詳しいことについては、業者やそれぞれの住職に確認してみなければわからないことですが、ご遺族の方で船を借りて近場のみで散骨をするようなことはできません。
散骨を希望する旨を遺言書に記載するのであれば、それ以前にどこに申し込めばよいのかということを調べておきましょう。
さらにはご自身が将来を考えて今のうちに申し込みをしておくという方法などもあります。