散骨出来る場所って限られているんですか?

どこで行っても大丈夫ですか?

お墓などに骨壷を納めるという納骨ではなく、自分の好きな場所に骨を撒いてほしいと思っている人は散骨ができるようですが、この散骨というのはどこで行っても良いものなのでしょうか?
例えば、生前自分が好きだった場所に散骨して欲しいといった希望や、行きたいと思っていた場所に散骨して欲しいといった希望があるケースでは、希望通りの場所に散骨することも可能ですか?

あまりこういった部分での知識がなく自分が葬儀を向かえた時、その後骨をどのように扱うのか、考えることがあります。
お墓への納骨というのが最も一般的なのはわかっていますが、もしできるのであれば行ったことのない海外の素敵な土地などに散骨してもらうのも良いかなと思っています。

散骨をする際には誰かの許可を得る必要などもあるのでしょうか?
またそのために多額の金を支払う必要などもありますか?

基本的には許可が必要になります

散骨をする際には基本的に必ず許可が必要だと思っておきましょう。
山や海、その他にも空から撒くなどさまざまな散骨方法がありますが、これは独断で行って良いものではありません。
日本にはいくつかの法律があり、そういった法律をしっかり守っていくことを考えれば必ず許可を取った上で手続きをしなければなりません。

お墓に納骨をしないからといって、自分たちの好きなように遺骨を扱って良いわけではないので、どこでどのように許可を取るとかに関してもしっかりと調べなければなりません。
例えば自分たちの独断でどこかの山に散骨をしてしまった場合、これは他人が所有する山に人間の遺骨を遺棄したという扱いになってしまいます。

基本的に散骨をする場合には、人骨だということがわからないようにしなければならないので、まずは粉末状にすることになります。
それでも人目につく場所に散骨してしまえば非常に大きな問題になってしまうこともあります。
具体的な部分まで細かく法律では定められていませんが、そこには見えない決まりがあると考えていて良いでしょう。

どうしても気になるようであれば、国内をはじめとして海外でも散骨ができる場所などについてご自身で調べてみると良いです。
国内をはじめとして、その他個人的に所有している場所に対し、知らず知らず誰かの遺骨が粉になって撒かれていたらどんな思いをするでしょうか?
こういった部分を考えれば、許可を取るというのは当然のことになりますね。

所有する土地でも法律を守らなければなりません

ご自身が所有している土地に散骨をするという場合であっても、原則として許可を取らなければなりません。
やはり上記の通り人骨を自然環境の中に置くということは変わりませんので、いくらパウダー状にしても独断で撒いて良いわけではないのです。

自分の所有する山に散骨をするなどという場合であっても、ここに散骨をするということを届け出なければなりません。
また、遺骨をパウダー状にするためにも自分たちで行うものではなく、火葬場をはじめとして、その他散骨を扱っている業者などに依頼することになります。