相場があるのでしょうか?

通夜や葬儀の際には香典を持っていく必要があると思いますが、これには金額の相場などがあるのでしょうか?
今まで足を運ぶ機会がほとんどありませんでしたので相場がわかりません。
近所で葬儀があった場合に、それぞれの家庭から2000円ずつを出してまとめて自治会の代表者が持って行くということはありましたが、個人的に参列したことがありませんので今の内に相場を把握しておきたいと思っています。
親戚関係や友人、また会社関係などそれぞれで違ってくるとは思うのですが、最低限これだけは守った方が良いと言う相場があれば教えていただきたいと思います。

故人との関係で変わってきます

香典においての名目というのは、お線香代やお花の代わりとして包むものになっています。
そのため基本的には多ければ良いというものではなく、あくまでも妥当な金額を包んでいくことが常識だといわれています。

金額の目安は、やはりご質問の中にもある通り、亡くなった方との関係性によって変わってきます。
また亡くなった方の年齢によっても相場は変わってきますので、こういった部分も意識しておくと良いでしょう。
勤務先の上司として参列するのであれば5000円を包んでおけば問題ありません。
部下や同僚としての場合には3000円から5000円程度が相場となります。

ただし、40代以降になって参列する場合には1万円を包んでも問題ありません。
親戚関係などが亡くなった場合には5000円から3万円程度、友人が亡くなった場合には5000円から1万円程度になっています。
また義理の兄弟や義理の両親などが亡くなった場合には3万円から10万円程度となっています。
その他にも恩師が亡くなった場合には3000円から1万円程度、近所の方々の場合には5000円から1万円程度、結婚する際に仲人を立てた場合、仲人さんが故人になられた場合には1万円というのが多くの相場になっています。

袋の書き方には注意しましょう

香典袋を書く際にはしっかりとした書き方があります。
お祝い事とは違いますのでしっかり覚えておきましょう。
まずお悔やみの場合には上包みを折る際、下側を先に下り上側をかぶせるといった形になります。
中に入れるお札に関してもお祝い事のように新しい札を使ってしまう事は避けましょう。

どうしても新しいお札しか用意できなかった場合は、一度軽く折り目をつけてから包むのがマナーになっています。
また、表向きに入れるのではなく袋の表に対して、お札を裏向きに入れるといったマナーなどもあります。
ただし、お札の向きに関してはそれぞれの地方によって違いがあるので、わからなければ周囲の方に聞いてみると良いでしょう。
また二枚以上の札を包む場合には必ず全てのお札の向きを揃えて包むように気をつけてください。