法事の服装について教えてください。

黒いスーツしか持っていません

一周忌やその他四十九日など様々な法事がありますが、このような法事には人の服装でいけばよいのでしょうか。
通夜葬儀と同じように黒いスーツなどを着ていれば問題ありませんか?
突然に法事が入ってしまうことはありませんが、告別式などとは違う服装をしなければならないのであれば新たに準備しなければなりません。

今まで親族の法事などもありませんでしたので葬儀用の黒いスーツしか持っていないのですが、これで間に合うでしょうか?
持ち物などに関しては、やはりここでも告別式と同じように珠数などを持っていくとよいですか?
目にすることがあるのは黒いスーツを着て、葬儀なのか法事なのか、わからないといった方々なのですが、こういった認識で良いのでしょうか?

葬儀と法事などで区別をする部分もありますか?
例えば葬儀には良くても法事にはダメというものや葬儀ではダメだけど、法事では良いと言うものなどがあれば教えてください。

基本的には平装を着ます

法事も告別式も、基本的に平装備 となっていますので、告別式と同じような服装で問題ありません。
男性であれば黒いスーツ、そして中は白いカラーのワイシャツに黒のネクタイを締めます。
女性の場合にも同様にブラックフォーマルのワンピースやスーツなどで良いでしょう。

アクセサリーに関しても葬儀用の真珠などを使用すれば問題ありません。
告別式お通夜に比べて法事というのはイメージも違ってくるかもしれませんが、あくまでもこのような法ごと葬儀は共通したブラックフォーマルいった常識があります。
もちろん足元の靴に関しても光沢のあるものは避け、葬儀用に準備したものを履いていきましょう。

女性のストッキングに関してはブラックでも肌色でも良いです。
ヘアスタイルやメイクに関しても、できるだけ控えめなものを意識していきましょう。
また季節によってコートを着用することもありますが、基本的にお寺の中に入る時にはコートを脱ぎ読経の間はコートを手に持っているようにしましょう。
納骨の際などには外に出ることになるためコートを着用しても構いません。

子供の場合には相応の服装で良い

大人の場合には上記のように通夜告別式と変わらない服装で問題ありませんが、子供の場合にも同じです。
子供は礼服などを所有していることがないため、ホワイトカラーのシャツにブラックや紺などのズボン、またはスカートで問題ないでしょう。
足元は白の靴下を履き、光沢のない黒や茶色、紺などの靴を履くというのが一般的です。

小学生以上のお子様であればローファーを履かせてあげるというのが一番ではないでしょうか。
とても小さな赤ちゃんなどは靴を履くことがありませんので、靴の準備は不要ですが、服装に関してはやはりブラックフォーマルを意識したものを心がけましょう。
生まれたての赤ちゃんは服装にも悩んでしまいますが、できるだけ黒っぽいロンパースなどを着用していけば良いでしょう。