法事の服装について教えてください。

黒いスーツしか持っていません

一周忌やその他四十九日など様々な法事がありますが、このような法事には人の服装でいけばよいのでしょうか。
通夜葬儀と同じように黒いスーツなどを着ていれば問題ありませんか?
突然に法事が入ってしまうことはありませんが、告別式などとは違う服装をしなければならないのであれば新たに準備しなければなりません。

今まで親族の法事などもありませんでしたので葬儀用の黒いスーツしか持っていないのですが、これで間に合うでしょうか?
持ち物などに関しては、やはりここでも告別式と同じように珠数などを持っていくとよいですか?
目にすることがあるのは黒いスーツを着て、葬儀なのか法事なのか、わからないといった方々なのですが、こういった認識で良いのでしょうか?

葬儀と法事などで区別をする部分もありますか?
例えば葬儀には良くても法事にはダメというものや葬儀ではダメだけど、法事では良いと言うものなどがあれば教えてください。

基本的には平装を着ます

法事も告別式も、基本的に平装備 となっていますので、告別式と同じような服装で問題ありません。
男性であれば黒いスーツ、そして中は白いカラーのワイシャツに黒のネクタイを締めます。
女性の場合にも同様にブラックフォーマルのワンピースやスーツなどで良いでしょう。

アクセサリーに関しても葬儀用の真珠などを使用すれば問題ありません。
告別式お通夜に比べて法事というのはイメージも違ってくるかもしれませんが、あくまでもこのような法ごと葬儀は共通したブラックフォーマルいった常識があります。
もちろん足元の靴に関しても光沢のあるものは避け、葬儀用に準備したものを履いていきましょう。

女性のストッキングに関してはブラックでも肌色でも良いです。
ヘアスタイルやメイクに関しても、できるだけ控えめなものを意識していきましょう。
また季節によってコートを着用することもありますが、基本的にお寺の中に入る時にはコートを脱ぎ読経の間はコートを手に持っているようにしましょう。
納骨の際などには外に出ることになるためコートを着用しても構いません。

子供の場合には相応の服装で良い

大人の場合には上記のように通夜告別式と変わらない服装で問題ありませんが、子供の場合にも同じです。
子供は礼服などを所有していることがないため、ホワイトカラーのシャツにブラックや紺などのズボン、またはスカートで問題ないでしょう。
足元は白の靴下を履き、光沢のない黒や茶色、紺などの靴を履くというのが一般的です。

小学生以上のお子様であればローファーを履かせてあげるというのが一番ではないでしょうか。
とても小さな赤ちゃんなどは靴を履くことがありませんので、靴の準備は不要ですが、服装に関してはやはりブラックフォーマルを意識したものを心がけましょう。
生まれたての赤ちゃんは服装にも悩んでしまいますが、できるだけ黒っぽいロンパースなどを着用していけば良いでしょう。

弔電を送るにあたって

気をつけるポイント

会社関係や遠くの親類などの通夜や葬儀がある際は、どうしても足を運ぶことができないといった場面で弔電を送るときに、どんなポイントに気をつければよいのでしょうか?
今まで弔電を送ったことはありませんが、定型文なども決まっているものなのでしょうか?

また費用についてはどのくらい必要ですか?
申し込みをするのは電報と同じように電話会社に申し込みをすればよいのでしょうか?
仕事の都合などで足を運べないこともあると思うので今後のために知りたいと思っています。

台紙よりも中身を重視する

弔電を贈る際にはインターネットから申し込みをするという方が増えているようです。
弔電を贈る際の台紙については様々な種類がありますので贈る相手や年齢などに合わせながら選ぶと良いでしょう。
多くても20種類程度になっていますのでその中で選ぶことになります。

ただし弔電を送る際、重視するのは、このような台紙ではなく中身だということを覚えておきましょう。
台紙の場合には金額についての相場が決まっているため、特別高いものなどはありません。
ですからどんなに高いものを選んだとしても、特に会社関係などであれば誰かが送った弔電とかぶってしまうこともあります。

中身に重視して贈ることによって、ご遺族また故人にもしっかりとした気持ちが伝わるものです。
定型文も準備されていますが、この定型文をそのまま使用するのではなく、それ以外に自分の気持ちをしっかり伝えられるような文言を考えていきましょう。

心を打つ言葉の使い方について

弔電で心を打つ言葉の使い方をご存知でしょうか?
前述の通り定型文を使用することもできるのですが、この定型文だけでの弔電というのは何一つ心に響くものがありません。
当たり前のように決まった文章が紙に書かれているだけです。
どんなに高級な台紙を選んだとしても、中に使用される紙や文字の字体などについては同じですから、やはり内容を重視するべきだと言えます。

特に重要となってくるのはご自身がその場に足を運ぶことができない代わりに、故人とのどんな思い出があったのかを伝える内容になります。
個人との事をして過ごしたのか、どんな思い出があるのかをしっかりと記述した上で、「思い出されます」という言葉を付け加えましょう。

これだけで本当に故人を思っていることやご遺族への配慮なども伝えることができます。
このような言葉ひとつがあるかないかで、イメージも大きく変わるでしょう。
届いた弔電に関してはご遺族が目を通すのはもちろん、特に会社関係などではいくつかをピックアップして読み上げられることがあります。

そのような時でも内容が充実したものであれば読み上げられる可能性が高く、故人を偲ぶ想いやお悔やみの思いも強く伝わってくれます。
自分が行かれないから弔電を送ったという事実だけでなく、本当に自分の気持ちを伝えたいという強い部分をしっかり強調できるような文面を考えて申し込みをしましょう。

香典について詳しく知りたいです。

相場があるのでしょうか?

通夜や葬儀の際には香典を持っていく必要があると思いますが、これには金額の相場などがあるのでしょうか?
今まで足を運ぶ機会がほとんどありませんでしたので相場がわかりません。
近所で葬儀があった場合に、それぞれの家庭から2000円ずつを出してまとめて自治会の代表者が持って行くということはありましたが、個人的に参列したことがありませんので今の内に相場を把握しておきたいと思っています。
親戚関係や友人、また会社関係などそれぞれで違ってくるとは思うのですが、最低限これだけは守った方が良いと言う相場があれば教えていただきたいと思います。

故人との関係で変わってきます

香典においての名目というのは、お線香代やお花の代わりとして包むものになっています。
そのため基本的には多ければ良いというものではなく、あくまでも妥当な金額を包んでいくことが常識だといわれています。

金額の目安は、やはりご質問の中にもある通り、亡くなった方との関係性によって変わってきます。
また亡くなった方の年齢によっても相場は変わってきますので、こういった部分も意識しておくと良いでしょう。
勤務先の上司として参列するのであれば5000円を包んでおけば問題ありません。
部下や同僚としての場合には3000円から5000円程度が相場となります。

ただし、40代以降になって参列する場合には1万円を包んでも問題ありません。
親戚関係などが亡くなった場合には5000円から3万円程度、友人が亡くなった場合には5000円から1万円程度になっています。
また義理の兄弟や義理の両親などが亡くなった場合には3万円から10万円程度となっています。
その他にも恩師が亡くなった場合には3000円から1万円程度、近所の方々の場合には5000円から1万円程度、結婚する際に仲人を立てた場合、仲人さんが故人になられた場合には1万円というのが多くの相場になっています。

袋の書き方には注意しましょう

香典袋を書く際にはしっかりとした書き方があります。
お祝い事とは違いますのでしっかり覚えておきましょう。
まずお悔やみの場合には上包みを折る際、下側を先に下り上側をかぶせるといった形になります。
中に入れるお札に関してもお祝い事のように新しい札を使ってしまう事は避けましょう。

どうしても新しいお札しか用意できなかった場合は、一度軽く折り目をつけてから包むのがマナーになっています。
また、表向きに入れるのではなく袋の表に対して、お札を裏向きに入れるといったマナーなどもあります。
ただし、お札の向きに関してはそれぞれの地方によって違いがあるので、わからなければ周囲の方に聞いてみると良いでしょう。
また二枚以上の札を包む場合には必ず全てのお札の向きを揃えて包むように気をつけてください。

四十九日について教えてください。

教えてください

通夜や葬儀が終了し、その後四十九日が経過すると四十九日の法要を行うことになりますが、これの供養に関しては何をすればよいのでしょうか?
葬儀と同じように告別式のようなスタイルで読経してもらい、それで終了となるのでしょうか?

また四十九日というのは、お寺で行うものですか?
実際に行うことになった場合いつから起算して四十九日を数えればよいのでしょうか?
亡くなった日を一日目とするのか、それとも告別式を行った日から数えるのかが、わかりません。

また誰に声をかけて呼んだら良いのかという部分などもわからないのですが、四十九日の法要で必ず行うべきことなどはあるのでしょうか?
お寺に聞いてしまうのが恥ずかしいと思ったので、こちらで質問させていただきました。

近年では納骨をするケースが多いです

四十九日というのは、おおよその目安となっていますが、多くの場合で亡くなってから四十九日という認識のようです。
通夜や葬儀とは違い基本的にはお寺に親族などが集まって読経してもらうことになります。
>>http://allabout.co.jp/gm/gc/71872/

この読経の最中には焼香なども行っていくのですが、その後は納骨をするというご家庭がほとんどです。
それまではご自宅に告別式の後は持ち帰って供養をしますが、四十九日をめどにお墓の中に収めるというケースになります。
ご家庭によっては一周忌までご自宅で供養するというケースもありますが、ここ数年は四十九日に納骨をするご家庭が非常に多いです。

四十九日で故人が三途の河を渡ると言われます

四十九日の法要というのはなぜ四十九日と言われているのかをご存知でしょうか?
明確なことは分かりませんが、四十九日をかけて故人は三途の川を渡り天国に向かうと言われています。
葬儀業者などから説明を受けることもありますが、この三途の川をしっかりと渡り切るために守り刀を持ち、魔物を退治することができるように白装束を身に付けて旅立つと言われています。

そのため四十九日の法要を行う際には、故人が天国に到着し本当の意味で成仏したということから、納骨をしてお墓に納めてあげる流れにつながっているようです。
それまでは自宅で供養をしながら三途の川を無事に渡ることができるように、ご遺族も祈ってあげることが大切になります。

四十九日への参列に関しては基本的に親族のみとなっており、故人の友人や会社関係の方々などは参列しません。
この部分に関してはご家族が連絡をすることになるので、会社関係や友人などは配慮した方が良いでしょう。
ただし、故人にとって本当に親友と呼べるような友人がおり、ぜひとも四十九日も参列したいといった希望があれば、もちろん参列してもらうことになります。

四十九日が終了した後は参列した方々で一緒に食事をとり、故人への思いをはせながら様々な話をするというのが一般的のようです。
ここでは特に手土産など持たせる必要はなく、あくまでも食事を提供し、足を運んでくださったことに感謝するという場になります。

一周忌って何をするんですか?

目的が知りたい

一周忌というのは葬儀をすませてから1年が経過した頃に行うものと言った認識を持っているのですが、これは必ず行うものなのでしょうか?
一周忌を行わずに過ごしてしまうと悪いことが起きたりすることもありますか?

もちろん自分の家族の葬儀をすることになった場合には一周忌なども行うことを前提としていますが、どうしても仕事が忙しくなってしまったりするとスケジュール的に厳しい状況もあります。
故人が亡くなった命日を過ぎてしまってから一周忌を行うなどというのは、よくないことなのでしょうか?

これまでの経験がありませんので、今のうちからこのような部分での認識を持ち、恥をかかないようにしたいと思っています。
またお寺の住職にお願いして読経してもらうなどという内容のほか、何か必ず行うべきことなどもあるのでしょうか?
一周忌というのは、そもそもどんなことをする目的で行うのかがはっきりとわかっていません。

法要を行いしっかりと供養をします

一周忌は命日を過ぎてしまってからでも問題ありません。
やはりそれぞれのご家庭でお仕事や親族の都合などがありますので、万が一過ぎてしまうことがあっても行っておきましょう。
目安として1年というだけですから、1週間程度であれば前後に予定がずれてしまっても良いでしょう。

故人が亡くなってから1年間、残されたご遺族が元気で過ごしたことを感謝すると共に、個人への弔いの気持ちを向け供養をするというものになります。
住職にお願いして読経してもらうというのも必ず行うことになります。
この場所については、お寺に出向くというご家族があれば自宅に住職を読んで行うご家庭まで様々です。
このあたりについてはご都合に合わせながら決めると良いでしょう。

法要の際にはお斎も必ず行います

一周忌の法要を行った後には必ずお斎を行う事になっています。
一般的にはご家族をはじめ、その他親族の方などにも参加してもらうことになるため法要が終わってから料亭などに集まり食事をします。
食事をしながら故人を偲ぶといった意味合いを持っているのですが、ここでの食事についてはどんなものでも良いでしょう。

必ずしも料亭でなければならないなどの決まりはありません。
当たり障りがなくて全員が食べられるようなものを選ぶと良いです。
また自宅で行う場合には、食事の準備が大変になってしまいますが、ケータリングを利用すれば自分たちで準備する必要はなくなるのでとても楽です。

一周忌の後には三回忌、七回忌と行っていく事になりますが、いつまで法要を行うのかはそれぞれのご家庭によって違いがあります。
三回忌以降はご家族も忙しくなってしまうことや遠方の親族に足を運んでもらうのが大変になってしまうため、行わないというご家庭もあるようです。

それでも最低一周忌に関しては多くの親族などを集めている行うのが一般的ではないでしょうか。
住職による読経だけではなく、しっかりとお墓参りも行い供養をすることも必ず行います。