海への散骨について

勝手に行って良い?

昔なにかのドラマか映画で見たことがあるのですが、遺骨を海に撒くシーンを覚えています。
私は海がとても好きなので、自分が死んだとき海に撒いてもらえたらどんなに幸せかと思うのですが、このような海への散骨は、勝手に行って良いのでしょうか?
家族に頼んでおけば、家族が私の死後行ってくれるのでしょうか。

それともお寺の住職などにお願いし、散骨してもらう必要がありますか?
海を管理する団体などもあるので、こういった団体の許可が必要なのかということが気になっています。
もちろん散骨をする際にも遺骨そのままというわけにはいかないので、小さなパウダー状にするなどといった工夫が必要になると思いますが、このような部分についても専門業者などがいるのでしょうか?

散骨は私の一つの夢でもあり、実現できるのであれば今すぐにでも遺言書の中に記載しておこうと思っています。
遺族のことを考えればお墓に納骨するというのが1番なのかもしれませんが、やっぱり大好きな海に自分の骨を撒いてもらうのはとても幸せな気分になれるような気がしています。

一定の法律があります

海の散骨というのは一定の法律がありますので、まずは法律をしっかりと把握しなければなりません。
どこなら散骨をして良いのかという部分でも海岸から非常に離れていることや、漁業の悪影響にならない場所などといった決まりがあります。

そのため、素人が散骨場所を選ぶのは難しいと言えるでしょう。
海の上には、ここからここまでが漁業に使用する場所などといった線引きがありません。
これはあくまでも携わっている業者などでなければ、はっきりとわからないことになっています。
万が一こういったことを意識せず海で散骨をしてしまうと漁業組合から訴訟を起こされてしまうこともあるので、注意してください。

法要を兼ねるため扱っている住職や業者を探しましょう

素人が法律を意識せず海で散骨をしてしまうのは非常にリスクが高いといえます。
近年では海での散骨を取り扱ってる住職などもいるので、こういった住職に話を聞くことや専門業者に依頼するといった方法が良いでしょう。

もちろん専門業者をはじめ取り扱っている住職は法律をしっかりと熟知した上で行ってくれます。
散骨をする際にもご遺族が同行し、船の上からの散骨に対し、ご遺族全員が見守ることも出来るようになっています。
住職が読経しながら散骨をして、その後それぞれの地域のしきたりによって散骨した場所を左回りに船で3回まわるなど様々なものがあります。

より詳しいことについては、業者やそれぞれの住職に確認してみなければわからないことですが、ご遺族の方で船を借りて近場のみで散骨をするようなことはできません。
散骨を希望する旨を遺言書に記載するのであれば、それ以前にどこに申し込めばよいのかということを調べておきましょう。
さらにはご自身が将来を考えて今のうちに申し込みをしておくという方法などもあります。

宇宙への散骨について詳しく知りたいです。

憧れがある

日本ではたびたび自分が亡くなった後は散骨して欲しいなどという意見を聞くことがありますが、最近は宇宙にも散骨ができるようですね。
詳しく調べていないのでわかりませんが、宇宙に散骨をするというのは本当に可能なことなのでしょうか?
それとも出来たら良いなという段階なのでしょうか?

でも宇宙に散骨をするということになれば、大気中に人の骨が流れるということになりますが、これは法律上問題ないのでしょうか?
宇宙に関してはNASA が扱っているので詳しいことは知りませんが、NASA が許可を出しているのかな?
などという事も気なってしまいます。

本当に散骨ができるのであれば、骨になってから宇宙散歩をすることもできるし、ちょっとロマンティックで良いと思ってるのですが、本気でやりたいと思った場合、どこで手続きをすればよいのでしょうか?
また実際にこのようなサービスがあるかどうかについても知りたいです。

様々な業者があります

宇宙で散骨をする場合には、取扱業者もどんどん増えていますし、インターネット検索をすればすぐに見つけることができるでしょう。
ただし、宇宙での散骨といっても骨を直接パウダーにして、これを撒くといった手段ではありません。

やはり人骨が大気中に撒かれてしまえば様々な環境問題にも影響を及ぼしてしまいますので、業者によって対策がとられています。
宇宙空間への散骨というのは風船を使って方法もあれば、ロケットを使用するといった方法もあります。
お勧めなのはロケットを使用する方法です。
こちらの方法であればしっかりと宇宙までロケットが到着してから散骨をすることになりますから、風船のように途中でどこかに落ちてしまうのではないかという心配を持つこともありません。

カプセルを使用する方法が人気です

具体的にどのような散骨方法があるのかというのは、パウダーをそのまま撒くのではなく、カプセルを使用する方法が最も多いです。
パウダー状にした遺骨を簡単には壊れないカプセルに詰めて、これを宇宙空間で大気中に置いてくる(浮かべて来る)という方法になっています。

前述の通りロケットなどを使用する方法であれば依頼した方のカプセルが一度に放出されることになり、放出されたカプセルはその後何で何十年と宇宙空間の中を漂うことになります。
そのため質問内容の通り、ある意味での宇宙散歩をする事ができるでしょう。

当然ですがこういったサービスがあることはNASAも把握しており、しっかりと許可を得た業者でなければ散骨を行うことはできません。
日本国内でも取り扱っている業者がありますので、本当に興味があれば詳しい事は直接確かめてみると良いでしょう。

費用などについてもそれぞれの業者で違っているため、まずは具体的に調べてみると良いです。
手続きに関しては一般的にインターネットまたは郵送等になりますので、直接業者に足を運ぶという必要はありません。
遠方の業者であっても利用することは可能になっています。

散骨出来る場所って限られているんですか?

どこで行っても大丈夫ですか?

お墓などに骨壷を納めるという納骨ではなく、自分の好きな場所に骨を撒いてほしいと思っている人は散骨ができるようですが、この散骨というのはどこで行っても良いものなのでしょうか?
例えば、生前自分が好きだった場所に散骨して欲しいといった希望や、行きたいと思っていた場所に散骨して欲しいといった希望があるケースでは、希望通りの場所に散骨することも可能ですか?

あまりこういった部分での知識がなく自分が葬儀を向かえた時、その後骨をどのように扱うのか、考えることがあります。
お墓への納骨というのが最も一般的なのはわかっていますが、もしできるのであれば行ったことのない海外の素敵な土地などに散骨してもらうのも良いかなと思っています。

散骨をする際には誰かの許可を得る必要などもあるのでしょうか?
またそのために多額の金を支払う必要などもありますか?

基本的には許可が必要になります

散骨をする際には基本的に必ず許可が必要だと思っておきましょう。
山や海、その他にも空から撒くなどさまざまな散骨方法がありますが、これは独断で行って良いものではありません。
日本にはいくつかの法律があり、そういった法律をしっかり守っていくことを考えれば必ず許可を取った上で手続きをしなければなりません。

お墓に納骨をしないからといって、自分たちの好きなように遺骨を扱って良いわけではないので、どこでどのように許可を取るとかに関してもしっかりと調べなければなりません。
例えば自分たちの独断でどこかの山に散骨をしてしまった場合、これは他人が所有する山に人間の遺骨を遺棄したという扱いになってしまいます。

基本的に散骨をする場合には、人骨だということがわからないようにしなければならないので、まずは粉末状にすることになります。
それでも人目につく場所に散骨してしまえば非常に大きな問題になってしまうこともあります。
具体的な部分まで細かく法律では定められていませんが、そこには見えない決まりがあると考えていて良いでしょう。

どうしても気になるようであれば、国内をはじめとして海外でも散骨ができる場所などについてご自身で調べてみると良いです。
国内をはじめとして、その他個人的に所有している場所に対し、知らず知らず誰かの遺骨が粉になって撒かれていたらどんな思いをするでしょうか?
こういった部分を考えれば、許可を取るというのは当然のことになりますね。

所有する土地でも法律を守らなければなりません

ご自身が所有している土地に散骨をするという場合であっても、原則として許可を取らなければなりません。
やはり上記の通り人骨を自然環境の中に置くということは変わりませんので、いくらパウダー状にしても独断で撒いて良いわけではないのです。

自分の所有する山に散骨をするなどという場合であっても、ここに散骨をするということを届け出なければなりません。
また、遺骨をパウダー状にするためにも自分たちで行うものではなく、火葬場をはじめとして、その他散骨を扱っている業者などに依頼することになります。

法事の服装について教えてください。

黒いスーツしか持っていません

一周忌やその他四十九日など様々な法事がありますが、このような法事には人の服装でいけばよいのでしょうか。
通夜葬儀と同じように黒いスーツなどを着ていれば問題ありませんか?
突然に法事が入ってしまうことはありませんが、告別式などとは違う服装をしなければならないのであれば新たに準備しなければなりません。

今まで親族の法事などもありませんでしたので葬儀用の黒いスーツしか持っていないのですが、これで間に合うでしょうか?
持ち物などに関しては、やはりここでも告別式と同じように珠数などを持っていくとよいですか?
目にすることがあるのは黒いスーツを着て、葬儀なのか法事なのか、わからないといった方々なのですが、こういった認識で良いのでしょうか?

葬儀と法事などで区別をする部分もありますか?
例えば葬儀には良くても法事にはダメというものや葬儀ではダメだけど、法事では良いと言うものなどがあれば教えてください。

基本的には平装を着ます

法事も告別式も、基本的に平装備 となっていますので、告別式と同じような服装で問題ありません。
男性であれば黒いスーツ、そして中は白いカラーのワイシャツに黒のネクタイを締めます。
女性の場合にも同様にブラックフォーマルのワンピースやスーツなどで良いでしょう。

アクセサリーに関しても葬儀用の真珠などを使用すれば問題ありません。
告別式お通夜に比べて法事というのはイメージも違ってくるかもしれませんが、あくまでもこのような法ごと葬儀は共通したブラックフォーマルいった常識があります。
もちろん足元の靴に関しても光沢のあるものは避け、葬儀用に準備したものを履いていきましょう。

女性のストッキングに関してはブラックでも肌色でも良いです。
ヘアスタイルやメイクに関しても、できるだけ控えめなものを意識していきましょう。
また季節によってコートを着用することもありますが、基本的にお寺の中に入る時にはコートを脱ぎ読経の間はコートを手に持っているようにしましょう。
納骨の際などには外に出ることになるためコートを着用しても構いません。

子供の場合には相応の服装で良い

大人の場合には上記のように通夜告別式と変わらない服装で問題ありませんが、子供の場合にも同じです。
子供は礼服などを所有していることがないため、ホワイトカラーのシャツにブラックや紺などのズボン、またはスカートで問題ないでしょう。
足元は白の靴下を履き、光沢のない黒や茶色、紺などの靴を履くというのが一般的です。

小学生以上のお子様であればローファーを履かせてあげるというのが一番ではないでしょうか。
とても小さな赤ちゃんなどは靴を履くことがありませんので、靴の準備は不要ですが、服装に関してはやはりブラックフォーマルを意識したものを心がけましょう。
生まれたての赤ちゃんは服装にも悩んでしまいますが、できるだけ黒っぽいロンパースなどを着用していけば良いでしょう。

弔電を送るにあたって

気をつけるポイント

会社関係や遠くの親類などの通夜や葬儀がある際は、どうしても足を運ぶことができないといった場面で弔電を送るときに、どんなポイントに気をつければよいのでしょうか?
今まで弔電を送ったことはありませんが、定型文なども決まっているものなのでしょうか?

また費用についてはどのくらい必要ですか?
申し込みをするのは電報と同じように電話会社に申し込みをすればよいのでしょうか?
仕事の都合などで足を運べないこともあると思うので今後のために知りたいと思っています。

台紙よりも中身を重視する

弔電を贈る際にはインターネットから申し込みをするという方が増えているようです。
弔電を贈る際の台紙については様々な種類がありますので贈る相手や年齢などに合わせながら選ぶと良いでしょう。
多くても20種類程度になっていますのでその中で選ぶことになります。

ただし弔電を送る際、重視するのは、このような台紙ではなく中身だということを覚えておきましょう。
台紙の場合には金額についての相場が決まっているため、特別高いものなどはありません。
ですからどんなに高いものを選んだとしても、特に会社関係などであれば誰かが送った弔電とかぶってしまうこともあります。

中身に重視して贈ることによって、ご遺族また故人にもしっかりとした気持ちが伝わるものです。
定型文も準備されていますが、この定型文をそのまま使用するのではなく、それ以外に自分の気持ちをしっかり伝えられるような文言を考えていきましょう。

心を打つ言葉の使い方について

弔電で心を打つ言葉の使い方をご存知でしょうか?
前述の通り定型文を使用することもできるのですが、この定型文だけでの弔電というのは何一つ心に響くものがありません。
当たり前のように決まった文章が紙に書かれているだけです。
どんなに高級な台紙を選んだとしても、中に使用される紙や文字の字体などについては同じですから、やはり内容を重視するべきだと言えます。

特に重要となってくるのはご自身がその場に足を運ぶことができない代わりに、故人とのどんな思い出があったのかを伝える内容になります。
個人との事をして過ごしたのか、どんな思い出があるのかをしっかりと記述した上で、「思い出されます」という言葉を付け加えましょう。

これだけで本当に故人を思っていることやご遺族への配慮なども伝えることができます。
このような言葉ひとつがあるかないかで、イメージも大きく変わるでしょう。
届いた弔電に関してはご遺族が目を通すのはもちろん、特に会社関係などではいくつかをピックアップして読み上げられることがあります。

そのような時でも内容が充実したものであれば読み上げられる可能性が高く、故人を偲ぶ想いやお悔やみの思いも強く伝わってくれます。
自分が行かれないから弔電を送ったという事実だけでなく、本当に自分の気持ちを伝えたいという強い部分をしっかり強調できるような文面を考えて申し込みをしましょう。

香典について詳しく知りたいです。

相場があるのでしょうか?

通夜や葬儀の際には香典を持っていく必要があると思いますが、これには金額の相場などがあるのでしょうか?
今まで足を運ぶ機会がほとんどありませんでしたので相場がわかりません。
近所で葬儀があった場合に、それぞれの家庭から2000円ずつを出してまとめて自治会の代表者が持って行くということはありましたが、個人的に参列したことがありませんので今の内に相場を把握しておきたいと思っています。
親戚関係や友人、また会社関係などそれぞれで違ってくるとは思うのですが、最低限これだけは守った方が良いと言う相場があれば教えていただきたいと思います。

故人との関係で変わってきます

香典においての名目というのは、お線香代やお花の代わりとして包むものになっています。
そのため基本的には多ければ良いというものではなく、あくまでも妥当な金額を包んでいくことが常識だといわれています。

金額の目安は、やはりご質問の中にもある通り、亡くなった方との関係性によって変わってきます。
また亡くなった方の年齢によっても相場は変わってきますので、こういった部分も意識しておくと良いでしょう。
勤務先の上司として参列するのであれば5000円を包んでおけば問題ありません。
部下や同僚としての場合には3000円から5000円程度が相場となります。

ただし、40代以降になって参列する場合には1万円を包んでも問題ありません。
親戚関係などが亡くなった場合には5000円から3万円程度、友人が亡くなった場合には5000円から1万円程度になっています。
また義理の兄弟や義理の両親などが亡くなった場合には3万円から10万円程度となっています。
その他にも恩師が亡くなった場合には3000円から1万円程度、近所の方々の場合には5000円から1万円程度、結婚する際に仲人を立てた場合、仲人さんが故人になられた場合には1万円というのが多くの相場になっています。

袋の書き方には注意しましょう

香典袋を書く際にはしっかりとした書き方があります。
お祝い事とは違いますのでしっかり覚えておきましょう。
まずお悔やみの場合には上包みを折る際、下側を先に下り上側をかぶせるといった形になります。
中に入れるお札に関してもお祝い事のように新しい札を使ってしまう事は避けましょう。

どうしても新しいお札しか用意できなかった場合は、一度軽く折り目をつけてから包むのがマナーになっています。
また、表向きに入れるのではなく袋の表に対して、お札を裏向きに入れるといったマナーなどもあります。
ただし、お札の向きに関してはそれぞれの地方によって違いがあるので、わからなければ周囲の方に聞いてみると良いでしょう。
また二枚以上の札を包む場合には必ず全てのお札の向きを揃えて包むように気をつけてください。