友人葬に参加するのですが、気を付けなければならないことはありますか?

最近話題になっている友人葬という葬儀

家族葬や音楽葬、またそのほかにも、最近は葬儀が非常に多様化しており、様々な葬儀が執り行われています。
その中で最近注目されている葬儀に友人葬という葬儀があります。

一般的な葬儀というのは僧侶に来ていただきお経を唱えていただき、戒名をつけてもらうなど菩提寺が行う葬儀の形となりますが、そうした宗教の形式にこだわることなく行う葬儀です。

この葬儀は創価学会によって始まった葬儀ですが、ご遺族とご友人が集い故人を思い葬儀を執り行うなど、非常に暖かな葬儀で、故人への思いを強く感じさせてくれる葬儀として一般の方々にも注目され、実際に行われているご遺族も出てきています。

式次第をみると一般的な通夜、告別式と同様なので参列される方はそう混乱する事はありません。
また僧侶を呼び読経していただき戒名をもらうなどの費用がかからないという事からも、この友人葬は経済的な面で葬儀の費用を少なくしたいという場合にも利用されています。

故人を送るということが主軸となっているこの友人葬は、送り出す遺族や友人の方々の気持ちが大切にされている葬儀として広がりつつあります。
また、葬儀の形、流れなども特に決まりがないので故人の生前を感じさせる個性的な葬儀にできるという事でも注目されているのです。

友人葬の始まりは創価学会員からの自然発生だった

友人葬は、1991年、創価学会の会員の中で自然に発生した葬儀といわれています。
僧侶を呼ぶことなく、創価学会の信者、故人のご友人のみで葬儀、告別式を行うという形でした。

現在日本では高齢化が進み、高齢者が喪主となって高齢者を見送るという事も多くなっています。
すでに退職されてから年数がたっているという事もあり、参列される人の数もそう多くないという状況も多いです。

従来の形にとらわれる葬儀ではなく、費用等も少なく葬儀を行いたいという希望を持ったご遺族も多く、近親者のみで故人を送るという事も可能なので、友人葬はこの先多くなっていくことが考えられます。

僧侶を呼ばず、葬儀に参列したいと思う方が故人をしのび葬儀を一緒に行うというイメージもあります。
高齢になるとご近所との付き合いも少なくなっている事もあり、また友人も他界されている場合も多く、従来の葬儀ではなく友人のみで執り行いたいという方も少なくないのです。

友人葬はアットホームな葬儀ができる

家族葬同様、友人葬は少人数で執り行われることが多いので、本当につながりの深い人のみが参列されることが多いです。
むだな費用をかける必要もなく、僧侶を呼ばないことでお布施なども必要ありません。

全体的に簡素な葬儀となっているので、流れに振り回されるという事も少なく、自由度の高い個性ある葬儀にすることも可能です。