日蓮宗のお葬式マナーって何がありますか?

日蓮宗の葬儀とはどういう葬儀なのか

日蓮宗は何妙法蓮華経を中心に仏、菩薩、明王、天、神の名が書き込まれている十界曼荼羅をご本尊に掲げています。
最後の聞法修行の機会といわれる葬儀についてもご本尊は大きな意味を持っています。

日蓮宗では臨終の際に御本尊に読経し、その後、枕経を行います。
そのため、仏間にご遺体を安置する事が望ましく、安置できない場合、仏壇がない場合、十界曼荼羅を掲げて読経します。

読経の際には木魚を使うことなく、木鉦(もくしょう)と呼ばれる打楽器を利用し、方便品(ほうべんぼん)、自我偈(じがげ)などを読みます。

納棺の際に故人に着せる死装束は十界曼荼羅を書いた経帷子です。
通夜法要については特に決められていませんが、仏法僧の三宝を礼拝する三宝礼(さんぽうらい)、四弘誓願を行い、諸仏諸尊をお送りする奉送(ぶそう)等行うことが多いです。

日蓮宗の葬儀式で最も重要な儀礼「引導」

日蓮宗の葬儀で最も重要な儀礼は、引導といわれています。
僧侶の入堂から始まり開式の辞が読まれ、総礼、僧俗と共に合掌しお題目を三遍唱え礼拝します。

次に道場偈(どうじょうげ)、三宝礼(さんぽうらい)と呼ばれる仏法僧の帰依を立つ、座るなど起居礼(きこらい)によって示します。
勧請(かんじょう) 久遠釈尊をはじめ四菩薩、諸仏諸尊、日蓮聖人などを招き、開経偈(かいきょうげ)で教えを永遠の物と近い、読経します。

咒讃鐃鈸(しゅさんにょうはち) と呼ばれる器楽を演奏し諸仏供養を行いますが、これは導師一人の時には省略します。
最後に開棺(かいかん)です。

開棺では、導師が棺の前に進んで御焼香し、位牌の覆いをとって開棺の文を唱え、次に献供(けんく)(これも省略する事が多い)を行い、日蓮宗で最も大切といわれる引導が行われます。

引導は導師が霊前に進み、払子(はっす)を3振、焼香を3回行い引導文を読みあげるという儀式です。
内容は前半部分が諸尊に対しての言葉、後半部分は故人に対しての教示です。
最後に読経を行い葬儀終了です。

日蓮宗の御焼香について

日蓮宗の御焼香で正式な方法は、三度炊きます。
抹香は右手親指、人差し指でつまんで左手を添えるように恭しくいただき、そののち香炉に入れます。

在家信者の場合は、3回の御焼香ではなく1回の御焼香でよいとされています。
日蓮宗の葬儀に参列するという場合には、御焼香は3回という事になります。

日蓮宗は何事についてもご本尊あってのことであり、お題目を唱えます。
火葬場で荼毘に付されお骨となってご自宅に戻られる際、短い法要を行いますが、日蓮宗の場合、特別な名称がないという特徴もあります。

故人の宗派に基づき葬儀が行われますので、マナーよくお別れするためにも、宗派の様々な違いを理解しておく方がいいでしょう。