真言宗のお葬式の特徴とは?

真言宗は複雑な印が特徴的

真言宗の葬儀は、密教の儀礼、教義によって行われるもので、私たちが普段見る葬儀とは少し違う?と感じる事が多いと思います。
独特の密教法具が利用されますし、真言、陀羅尼を唱え、複雑な印を組みます。
印を組むというのが真言宗の葬儀でたびたび出てきます。

密教経典は私たちになじみの深い仏教経典とは別で大日如来の教えという事なので、故人が、すべての本源となる大日如来に帰っていくことができるように葬儀、儀礼をおこないます。

古儀、新義別れている、また古儀についても高野山真言宗など、各派が細かく分かれているので、それによって作法も違います。

真言宗の通夜はどんな流れなのか

真言宗では、人がお亡くなりになると枕経の際、理趣経や慈救呪、陀羅尼などを唱えます。
ご遺体に死装束をつける際にも、経帷子や頭陀袋、帯、脚絆などに真言がかかれ、納棺においては、光明真言で加持した土砂をまいて、曳曼荼羅と呼ばれる大きな布を敷いてその上にご遺体を乗せます。

ご遺体の上にはさらに覆曼荼羅をのせ土砂をかけ納棺となります。
他の通夜ではこうした儀式が行われることがないので、非常に独特な儀礼です。
ただこうした儀礼は行わずに一般的な白装束で行うというご遺族も多くなっています。

真言宗の葬儀はどのような葬儀なのか

真言宗の葬儀はどの仏様もすべてが大日如来に通じるというものです。
個人宅で葬儀という場合、本尊として両界曼荼羅、十三仏の画像、南無大師遍照金剛等の軸を用いて行われます。

導師が入堂し祭壇の前で塗香、三密観、護身法、加持香水と呼ばれる法を行い彫像、画像の仏像に向かい三礼、表白、神分、声明を法要の場で諸仏を迎えてほめたたえます。

続いて受戒作法を行い、剃髪、授戒、を行います。
印を結び、光明真言を唱え、阿弥陀三尊の来迎を願い、六地蔵、不動明王の真言を唱えます。
不動権の印明、弥勒三種の印明を受け、故人が即身成仏となるとされます。

この後、本来は葬式行列を行っていたのですが、現在は墓前作法を行います。
その後、破地獄の印明、金剛界胎蔵秘印明と弘法大師による引導の印明、位牌開眼・血脈授与を行います。

真言宗の御焼香から出棺について

真言宗では引導作法の後、故人の生前の功徳、功績をたたえて成仏を願う諷誦文(ふじゅもん)を導師が唱えます。

読経中に御章句を行います。
通常真言宗は3回御焼香を行うのが正式なのですが、葬儀への参列者が多いという場合は、1回で済ませるという事もあります。

御焼香が終わると故人が無事往生するように祈願され、導師が導師最極秘印(どうしさいごくひいん)を結び、三回指を鳴らします。
この指を鳴らす音で、故人は浄土に向かい、最終的に葬儀が無事終了、出棺となるのです。

日蓮宗のお葬式マナーって何がありますか?

日蓮宗の葬儀とはどういう葬儀なのか

日蓮宗は何妙法蓮華経を中心に仏、菩薩、明王、天、神の名が書き込まれている十界曼荼羅をご本尊に掲げています。
最後の聞法修行の機会といわれる葬儀についてもご本尊は大きな意味を持っています。

日蓮宗では臨終の際に御本尊に読経し、その後、枕経を行います。
そのため、仏間にご遺体を安置する事が望ましく、安置できない場合、仏壇がない場合、十界曼荼羅を掲げて読経します。

読経の際には木魚を使うことなく、木鉦(もくしょう)と呼ばれる打楽器を利用し、方便品(ほうべんぼん)、自我偈(じがげ)などを読みます。

納棺の際に故人に着せる死装束は十界曼荼羅を書いた経帷子です。
通夜法要については特に決められていませんが、仏法僧の三宝を礼拝する三宝礼(さんぽうらい)、四弘誓願を行い、諸仏諸尊をお送りする奉送(ぶそう)等行うことが多いです。

日蓮宗の葬儀式で最も重要な儀礼「引導」

日蓮宗の葬儀で最も重要な儀礼は、引導といわれています。
僧侶の入堂から始まり開式の辞が読まれ、総礼、僧俗と共に合掌しお題目を三遍唱え礼拝します。

次に道場偈(どうじょうげ)、三宝礼(さんぽうらい)と呼ばれる仏法僧の帰依を立つ、座るなど起居礼(きこらい)によって示します。
勧請(かんじょう) 久遠釈尊をはじめ四菩薩、諸仏諸尊、日蓮聖人などを招き、開経偈(かいきょうげ)で教えを永遠の物と近い、読経します。

咒讃鐃鈸(しゅさんにょうはち) と呼ばれる器楽を演奏し諸仏供養を行いますが、これは導師一人の時には省略します。
最後に開棺(かいかん)です。

開棺では、導師が棺の前に進んで御焼香し、位牌の覆いをとって開棺の文を唱え、次に献供(けんく)(これも省略する事が多い)を行い、日蓮宗で最も大切といわれる引導が行われます。

引導は導師が霊前に進み、払子(はっす)を3振、焼香を3回行い引導文を読みあげるという儀式です。
内容は前半部分が諸尊に対しての言葉、後半部分は故人に対しての教示です。
最後に読経を行い葬儀終了です。

日蓮宗の御焼香について

日蓮宗の御焼香で正式な方法は、三度炊きます。
抹香は右手親指、人差し指でつまんで左手を添えるように恭しくいただき、そののち香炉に入れます。

在家信者の場合は、3回の御焼香ではなく1回の御焼香でよいとされています。
日蓮宗の葬儀に参列するという場合には、御焼香は3回という事になります。

日蓮宗は何事についてもご本尊あってのことであり、お題目を唱えます。
火葬場で荼毘に付されお骨となってご自宅に戻られる際、短い法要を行いますが、日蓮宗の場合、特別な名称がないという特徴もあります。

故人の宗派に基づき葬儀が行われますので、マナーよくお別れするためにも、宗派の様々な違いを理解しておく方がいいでしょう。

友人葬に参加するのですが、気を付けなければならないことはありますか?

最近話題になっている友人葬という葬儀

家族葬や音楽葬、またそのほかにも、最近は葬儀が非常に多様化しており、様々な葬儀が執り行われています。
その中で最近注目されている葬儀に友人葬という葬儀があります。

一般的な葬儀というのは僧侶に来ていただきお経を唱えていただき、戒名をつけてもらうなど菩提寺が行う葬儀の形となりますが、そうした宗教の形式にこだわることなく行う葬儀です。

この葬儀は創価学会によって始まった葬儀ですが、ご遺族とご友人が集い故人を思い葬儀を執り行うなど、非常に暖かな葬儀で、故人への思いを強く感じさせてくれる葬儀として一般の方々にも注目され、実際に行われているご遺族も出てきています。

式次第をみると一般的な通夜、告別式と同様なので参列される方はそう混乱する事はありません。
また僧侶を呼び読経していただき戒名をもらうなどの費用がかからないという事からも、この友人葬は経済的な面で葬儀の費用を少なくしたいという場合にも利用されています。

故人を送るということが主軸となっているこの友人葬は、送り出す遺族や友人の方々の気持ちが大切にされている葬儀として広がりつつあります。
また、葬儀の形、流れなども特に決まりがないので故人の生前を感じさせる個性的な葬儀にできるという事でも注目されているのです。

友人葬の始まりは創価学会員からの自然発生だった

友人葬は、1991年、創価学会の会員の中で自然に発生した葬儀といわれています。
僧侶を呼ぶことなく、創価学会の信者、故人のご友人のみで葬儀、告別式を行うという形でした。

現在日本では高齢化が進み、高齢者が喪主となって高齢者を見送るという事も多くなっています。
すでに退職されてから年数がたっているという事もあり、参列される人の数もそう多くないという状況も多いです。

従来の形にとらわれる葬儀ではなく、費用等も少なく葬儀を行いたいという希望を持ったご遺族も多く、近親者のみで故人を送るという事も可能なので、友人葬はこの先多くなっていくことが考えられます。

僧侶を呼ばず、葬儀に参列したいと思う方が故人をしのび葬儀を一緒に行うというイメージもあります。
高齢になるとご近所との付き合いも少なくなっている事もあり、また友人も他界されている場合も多く、従来の葬儀ではなく友人のみで執り行いたいという方も少なくないのです。

友人葬はアットホームな葬儀ができる

家族葬同様、友人葬は少人数で執り行われることが多いので、本当につながりの深い人のみが参列されることが多いです。
むだな費用をかける必要もなく、僧侶を呼ばないことでお布施なども必要ありません。

全体的に簡素な葬儀となっているので、流れに振り回されるという事も少なく、自由度の高い個性ある葬儀にすることも可能です。